シルバーのすっきりしたSurfaceシリーズのワイヤレスキーボード - Surface キーボード(マイクロソフト)

【キーボード】 マイクロソフト Surface Keyboard WS2-00019 [シルバー]・日本語版 ・ワイヤレスキーボード ・Bluetooth対応 【975488】

価格:10,200円
(2017/11/21 23:00時点)
感想(0件)

マイクロソフトから、シルバーのキーボードである「Surfaceキーボード」が登場しました。大手メーカーからシルバーの本格的なキーボードが登場するのは近年では珍しくなっています。

最近のPC周辺機器の大面積を占める色は、白と黒が中心となっているようです。2016年現在の大型電気店のPCコーナーで、ディスプレイ、キーボードなど、比較的大型でカラーバリエーションを作りにくい製品の色を見れば、それを実感できるのではないでしょうか?

Surfaceキーボード
Surfaceキーボード

基本的には図「Surface キーボード」を見て分かる通り、Surfaceシリーズのデザインを踏襲し、全体の色はつや消しのシルバーとなっています。キー部分は、本体より暗いグレーとなっており、汚れが白ほどには目立ちにくそうです。類似のシンプルなシルバーのキーボードと言えば、AppleのApple KeyboardMagic Keyboardがあり、Appleらしい優れたデザインです。これらのApple製キーボードと比較した場合は、Windows用のキーボードが欲しい、一般的な機器に多い地味な色に合わせたい、全体的にシルバーのキーボードが欲しい、と言うような場合にはこのSurfaceキーボードが良いでしょう。

タイプ感は、Surface Bookのキーボードにそっくりです。主観がどうしても入りますが、良好なタイプ感で、メカニカルキーボードほどはストロークは深くありませんが、平均的なノートパソコンよりは若干深めで、ストロークの底の安定感は比較的良好です。「Caps Lock」キーなどにランプが付いていますが、光が白い上にあまり明るくないので、光っているのかどうかがわかりにくいという欠点があります。

仕様としては、Bluetooth 4.0/4.1対応で、もちろん、Windowsに対応しています。Surfaceブランドを冠してはいますが、公式な仕様としてMac、iPhone、Androidにも対応となっています。電池寿命は、単4電池2本で最長12ヶ月となっています。詳細は、製品サイトをご覧下さい。単4電池2本動作、テンキーがあること、全体的な形状、価格など、基本的な特徴が、同社のDesigner Bluetooth Desktopに似ています。ただし、Surfaceキーボードはフルキーとなっており、Designer Bluetooth Desktopの圧縮したテンキー付きレイアウトとは異なります。

Windows用の本格的なシルバーのキーボードを探している方には久しぶりの選択肢でしょう。