フラットデザインの11型VAIOのピンクモデル - VAIO S11(2018年春モデル)(VAIO)

VAIO VAIO S11 11.6型ノートパソコン Core i3 メモリ4GB SSD128GB Office付き Windows10 ピンク VJS11290811P

価格:162,853円
(2018/3/19 21:50時点)
感想(0件)

関連記事:
ブラウンが増えたフラットデザインの11型VAIO - VAIO S11(2017年9月モデル)(VAIO)
VAIO S11のピンクモデルの色 - VAIO S11(2016年11月モデル)(VAIO)

VAIOからVAIO S11(2017年9月モデル)が登場していましたが、CPUをKaby Lake Refreshに更新した2018年春モデルが登場し、新色「ピンク」が登場しました。製品カテゴリとしては軽量モバイルノートPCとなりますが、このカテゴリの基本的な特徴はこちらをご覧下さい。

VAIO S11(2018年春モデル)「ピンク」
VAIO S11(2018年春モデル)「ピンク」

基本的な仕様を見ていきます。ディスプレイは11.6型とコンパクトで、解像度はフルHDの1920×1080ドット、タッチには非対応です。標準モデルの性能面ですがCPUはCore i5-7200U(2.5GHz)やCore i3-7200U(2.4GHz)、メモリは4GBと小さめですです。バッテリ駆動時間は15、16時間と十分な長さ、重量は850gから860gとかなり軽量です。価格は16万円以上と、VAIOらしく高価格です。カスタマイズモデルだと選択肢は格段に広がり、例えば、CPUはCore i7やCeleron、メモリは8GBや16GBなどから選べますが、価格も最高で40万円程度になります。また、今回はALL BLACK EDITIONと呼ばれるシリーズがカスタマイズと標準モデルに登場しており、真っ黒いデザインと、Core i7-8550Uが採用されるなど今回のVAIO S11シリーズ最高レベルの性能を特徴としています。価格も通常のカスタマイズモデルの最高価格よりALL BLACK EDITIONのカスタマイズモデルの最高価格の方が若干高価です。なお、標準モデルの「ピンク」はCPUがCore i3しか選択できないところが注意ポイントです。カスタマイズモデルであれば「ピンク」でも高性能な構成が選べます。

デザインは基本的に、VAIO S11(2017年9月モデル)を踏襲しています。最近のVAIOシリーズにおいてピンクは定番カラーであり、現行のVAIO S152016年のVAIO S11でもピンクのモデルがあるのですが、これらのピンクは色も質感も同じものとなっています。今回のモデルの「ピンク」も、天板はこれまでのVAIOのピンクと共通なのですが、キーボード面のメタリックピンクが新しく登場したことになります。色としては、Macbookのローズゴールドのような、一目でわからないようなピンクではなく、他の色と見間違えのない明るいピンクが使われています。キーボード面の質感はVAIO S11(2017年9月モデル)と同様で、金属製で横方向のヘアラインが入っています。PC業界のデザインという視点で見ると、Macbookのローズゴールドあたりから始まる近年のノートPCのメタリックピンクがVAIOにも本格的にやって来たということになります。

今回は、VAIO S11(2018年春モデル)「ピンク」のご紹介しました。モデル選択が多少複雑ではありますが、デザイン性の高いピンクのモバイルノートパソコンを探しているならかなり有力な選択肢となるでしょう。

VAIO S11 VJS112 / VAIO Pro PF VJPF11 シリーズ (2017) 用 液晶 保護 フィルム 反射低減 アンチグレア 非光沢 マット シート シール フィルター [fiel.D 正規品] 日本製

価格:1,399円
(2018/3/19 21:51時点)
感想(0件)