3状態に対応したiPad Pro用キーボードとパッケージ - 10.5インチiPad Pro用Smart Keyboard – 日本語(JIS)(アップル)

【新品/即納】APPLE iPad Pro 10.5インチ WI-FI 64GB アイパッド プロ シルバー MQDW2J/A【楽天あんしん延長保証 加入可能商品】【KK9N0D18P】送料サイズS

価格:72,300円
(2018/10/17 02:14時点)

関連記事:
多少は狭額化されたiPad Proとそのパッケージ - iPad Pro 10.5-inch(2017年モデル)(Apple)

iPad Proは新製品の登場が近いと言われていますが、今回は、現行のiPad Pro 10.5-inch(2017年モデル)用のスマートキーボードとそのパッケージの方を見ていきます。

スマートキーボードはiPad Proのカバー兼キーボードであり、キーボードを使用するために開く場合は、三角を作って本体を立てかけるような形状となります(図「キーボードを使うときのSmart Keyboard」)。ダークグレーに白文字というモノトーン配色となっていますが、本体側のカラーバリエーションのどれにでも合うようにするためでしょう。対照的なのは、マイクロソフトのタブレット型のSurfaceシリーズで、本体側にカラーバリエーションはなく、タイプカバーと呼ばれるカバー側にカラーバリエーションを持たせています。なお、タブレット型のSurfaceシリーズは、長らくシルバー一色でしたが、Surface Pro 6には黒いモデルが登場しています。

キーボードを使うときのSmart Keyboard
キーボードを使うときのSmart Keyboard

キーボードを使わずに本体を立てるための折りたたみ方も用意されています(図「キーボードを使わないときのSmart Keyboard」)。

キーボードを使わないときのSmart Keyboard
キーボードを使わないときのSmart Keyboard

閉じた状態を含めて3つの状態を実現するために、Smart Keyboardには折れ曲がる場所が4箇所用意されています(図「広げたSmart Keyboard」)。本体やキートップに触れる部分は、iPadのカバーの定番の少し起毛した柔らかな素材が使われています。

広げたSmart Keyboard
広げたSmart Keyboard

どのように折り曲げて使用するかはパッケージの裏側に図解されています(図「Smart Keyboardのパッケージの裏」)。

Smart Keyboardのパッケージの裏
Smart Keyboardのパッケージの裏

パッケージ正面は、真っ白い背景にiPad Pro本体が省略された状態でキーボードを使用する折り曲げ方の写真が掲載されています(図「Smart Keyboardのパッケージ」)。背景が真っ白で、製品写真のみというデザインはiPad Pro本体などでも使われているアップルの定番です。背景は真っ白、パッケージの角も鋭く隙のない印象です。

Smart Keyboardのパッケージ
Smart Keyboardのパッケージ

パッケージ内における製品の収納のされ方も見事で、キーボードを包み込む構造のためにできる、欠けの部分に書類の束がはめ込まれています(図「Smart Keyboardのパッケージを開けたところ」)。もちろん、スマートキーボードを取り出しやすくす取っ手もこちらを向いています。

Smart Keyboardのパッケージを開けたところ
Smart Keyboardのパッケージを開けたところ

さらに、書類の束の包みも取り出しやすいように欠けを作り機能性を高め、書類もSmart Keyboard同様に角を丸めて審美性を高めるなど、どこまでも妥協のない作りになっています(図「Smart Keyboardの書類の束」)。

Smart Keyboardの書類の束
Smart Keyboardの書類の束

【新品/即納】APPLE iPad Pro 10.5インチ WI-FI 64GB アイパッド プロ ゴールド MQDX2J/A【楽天あんしん延長保証 加入可能商品】【KK9N0D18P】送料サイズS

価格:72,300円
(2018/10/17 02:16時点)

狭額デザインに進化した定番高級メカニカルキーボード- REALFORCE R2(東プレ)

R2SA-JP3-BK 東プレ REALFORCE SA R2 リアルフォース 日本語112キー 静電容量無接点方式 静音/APC機能付き かな表記なし(ブラック)

価格:30,020円
(2018/9/21 00:09時点)
感想(0件)

東プレから高級メカニカルキーボードの定番であるREALFORCEの新世代製品REALFORCE R2が登場しました。今回は本格的な新製品で形状も新しくなっており、4シリーズ8機種が登場しました。

4シリーズの内訳は、標準モデル(図「REALFORCE R2標準モデル「アイボリー」」)、タイプ音が静かな静音モデル(図「REALFORCE R2静音モデル「ブラック」」)、キースイッチの反応位置を変更できるAPC(Acutuation Point Changer)モデル、タイプ音が静かでキースイッチの反応位置を変更できるAPC静音モデルとなっています。それぞれに、「アイボリー」と「ブラック」のカラーバリエーションがあります。単に色が違うだけでなく、後で説明しますが機種と色ごとにキー荷重やデザインの詳細が複雑に異なっています。

REALFORCE R2標準モデル「アイボリー」
REALFORCE R2標準モデル「アイボリー」
REALFORCE R2静音モデル「ブラック」
REALFORCE R2静音モデル「ブラック」

REALFORCEシリーズの最大の特徴は、独自の静電容量無接点方式による高品質な独特のタイプ感です。高級メカニカルキーボードには、茶軸とか青軸とか言われるスイッチの部品が使われている製品が有名ですが、REALFORCEシリーズは、それらとも異なる独特のタイプ感によりロングセラーとなっています。高級キーボードに関心のある方で、静電容量無接点方式のキーボードを触ったことのない方は、一度は触っておくと良いでしょう。REALFORCE R2シリーズにおいても高品質なタイプ感は健在で、旧REALFORCEと変わらない印象です。茶軸や青軸と呼ばれる部品が使われている製品やLogicoolのK840などよりぐらつきが少なく、スムーズに押し下げられる高品質なタイプ感です。もちろん、タイプが底に当たったときの堅さと安定性、重量による安定感も変わりません。

REALFORCE R2の各機種の特徴
機種 R2-JPV-IV R2-JP4-BK R2S-JPV-IV R2S-JP4-BK R2A-JPV-IV R2A-JP4-BK R2SA-JP3-IV R2SA-JP3-BK
モデル分類 標準モデル 標準モデル 静音モデル 静音モデル APCモデル APCモデル APC静音モデル APC静音モデル
「アイボリー」 「ブラック」 「アイボリー」 「ブラック」 「アイボリー」 「ブラック」 「アイボリー」 「ブラック」
キー荷重 30、45、55g混在 45g 30g、45g、55g混在 45g 30、45、55g混在 45g 30g 30g
右上のワンポイント 「ブラック」 「ブラック」 「ガンメタリック」 「ガンメタリック」 「シルバー」、APCキー 「シルバー」、APCキー 「クリアシルバー」、APCキー 「クリアシルバー」、APCキー
キーのかな表示 あり なし あり なし あり なし あり なし
キーの文字色 薄い茶色 薄い茶色

キーの特性はモデルごとに複雑で(表「REALFORCE R2の各機種の特徴」)、APC静音モデル以外の「アイボリー」は、ブラインドタッチ使われる定番の指に合わせて30g、45g、55gの3種類のキー荷重が配置されています。APC静音モデル以外の「ブラック」はどのキーも45gとなっています。APC静音モデルは色に関係なく、どのキーも30gと軽いキー荷重となっています。普通に使うなら3種類のキー荷重が適切に配置されているAPC静音モデル以外の「アイボリー」がタイプしやすいでしょうが、45gキー荷重で揃えているAPC静音モデル以外の「ブラック」でも十分に快適で、明らかに「アイボリー」より入力しにくいとまで感じる人は少なそうです。色の好みで選んでも問題はないでしょう。また、ホームポジション中心のブラインドタッチではなく、ゲームで使うような場合なら「ブラック」の方が良い場合もあるでしょう。APC静音モデルのキー荷重30gは、多くの方が軽さを感じることができるのではないでしょうか。REALFORCE R2のキー荷重の仕様は複雑なので表「REALFORCE R2の各機種の特徴」などを参考に、触ってから決めると良いでしょう。

静音モデルと標準モデルの違いですが、静音モデルの方が明らかに静かであり、静粛性が重要なら選ぶ価値があります。ただし、静音性だけを探求して作られた他の製品と比べると劣るのは確かです。やはり、高品質なタイプ感を優先した上での静音設計となっているようです。APCモデル、APC静音モデルは右上のAPCキーにより、キースイッチの反応位置を1.5mm、2.2mm、3mmの3段階に設定可能です。

デザインの方を見ていきましょう。基本的には実用性重視となっており、飛び抜けて特別なデザインが凝らされているわけではありません。形状は、もちろん薄い板にキーが並んだ形状をしています。全体的にはキーを除いた部分、すなわちフレーム部分は、旧製品より直線的です。旧製品は前面の角が曲線を描いていましたが、今回は直線で構成されています。また、キーボードの縁が狭額化され、多少省スペースとなっています。直線部分の増加と狭額があいまってかなりシャープな印象に変わっています。

色は「アイボリー」は事務機器では定番の真っ白ではない白となっていますが、明らかにベージュとかグレーというような色ではなく、白と言っても問題ないくらいです。「ブラック」は黒と言っても良いですが、細やかにコーディネートしたい方はダークグレーと理解したほうが良いでしょう。実際、APCモデル、APC静音モデルの「ブラック」のキーには黒い文字が書かれており、それが十分に読めることからもわかると思います。また、旧REALFORCEシリーズの「黒」よりもわずかに明るいだけでなく、それよりもさらに明るい類似の製品であるHappy Hacking Keyboardシリーズの「墨」よりもわずかに明るい色となっています。

右上のCaps Lockなどのインジケータや、APCモデルではAPCキーが並んでいる部分に、艶のある暗めの色のプラスチックによりデザイン上のワンポイントが追加されました。これにより、インジケータがそこにあることが強調され、インジケータのLEDも見やすくなっています。標準モデルは「ブラック」(図「REALFORCE R2標準モデル「アイボリー」の右上」)、静音モデルはザラザラした茶色がかったシルバーの「ガンメタリック」(図「REALFORCE R2静音モデル「アイボリー」の右上」)、APCモデルはAPCキーが配置されて「ガンメタリック」より明るい「シルバー」、APC静音モデルはAPCキーが配置されて「シルバー」より明るい「クリアシルバー」となっています。一目で旧REALFORCEシリーズと差別化できるのは良いのですが、標準モデルの「アイボリー」などは全体の白と右上の黒で少々うるさいデザインとなってしまいます。逆に標準モデルの「ブラック」が一番すっきりとした硬派なデザインとなります。右上のワンポイントは、機種や色をデザインから選ぶときの重要なポイントになるでしょう。このワンポイント内の上部にはREALFORCEロゴが描かれています。もちろん、ロゴ内のワンポイントである赤い「A」もいつも通りです。さらに、このインジケータのLEDは7色の切り替えが可能で、「Fn」+「Insert」キーで切り替えることができます。

REALFORCE R2標準モデル「アイボリー」の右上
REALFORCE R2標準モデル「アイボリー」の右上
REALFORCE R2静音モデル「アイボリー」の右上
REALFORCE R2静音モデル「アイボリー」の右上

キーの文字も機種ごとに違いがあります。キーのかな表示は「アイボリー」にはあり、「ブラック」にはありません。機能面ではかな表示はあったほうが良いでしょうが、使わない方にとってはない方がすっきりします。キーの文字の色は、「アイボリー」は黒、標準モデルと静音モデルの「ブラック」は薄い茶色、APCモデル、APC静音モデルの「ブラック」は黒となっています。ダークな静かなデザインが好みなら、APCモデル、APC静音モデルの「ブラック」の主張のないキーは魅力なのですが、右上のワンポイントが「シルバー」や「クリアシルバー」のような明るい色であったりと難しいところです。

久しぶりのモデルチェンジをした高級キーボードREALFORCER R2をご紹介しました。高品質なタイプ感は変わることなく、狭額でシャープなデザインやAPC搭載モデルの追加など魅力的な製品です。価格は2万円程度からと、千円のような安価な製品もあることを考えるとかなり高価格です。しかしながら、PC本体などと異なり5年とか10年単位で使用可能で、直接触れるキーボードは快適性がはっきりとわかるため、好みに合えば非常に良い買い物となります。やる気の起きない仕事のとき、このキーボードで入力したときのささやかな快感が背中を押してくれることもあるでしょう。注意点は機種選びです。キー荷重、デザイン、機能などが機種ごとに非常に複雑に入り組んでいます。

東プレ R2-JPV-IV(アイボリー) Realforce 有線キーボード 日本語配列 かな有り

価格:19,438円
(2018/9/21 00:24時点)