フラットデザインの11型VAIOのピンクモデル - VAIO S11(2018年春モデル)(VAIO)

VAIO VAIO S11 11.6型ノートパソコン Core i3 メモリ4GB SSD128GB Office付き Windows10 ピンク VJS11290811P

価格:162,853円
(2018/3/19 21:50時点)
感想(0件)

関連記事:
ブラウンが増えたフラットデザインの11型VAIO - VAIO S11(2017年9月モデル)(VAIO)
VAIO S11のピンクモデルの色 - VAIO S11(2016年11月モデル)(VAIO)

VAIOからVAIO S11(2017年9月モデル)が登場していましたが、CPUをKaby Lake Refreshに更新した2018年春モデルが登場し、新色「ピンク」が登場しました。製品カテゴリとしては軽量モバイルノートPCとなりますが、このカテゴリの基本的な特徴はこちらをご覧下さい。

VAIO S11(2018年春モデル)「ピンク」
VAIO S11(2018年春モデル)「ピンク」

基本的な仕様を見ていきます。ディスプレイは11.6型とコンパクトで、解像度はフルHDの1920×1080ドット、タッチには非対応です。標準モデルの性能面ですがCPUはCore i5-7200U(2.5GHz)やCore i3-7200U(2.4GHz)、メモリは4GBと小さめですです。バッテリ駆動時間は15、16時間と十分な長さ、重量は850gから860gとかなり軽量です。価格は16万円以上と、VAIOらしく高価格です。カスタマイズモデルだと選択肢は格段に広がり、例えば、CPUはCore i7やCeleron、メモリは8GBや16GBなどから選べますが、価格も最高で40万円程度になります。また、今回はALL BLACK EDITIONと呼ばれるシリーズがカスタマイズと標準モデルに登場しており、真っ黒いデザインと、Core i7-8550Uが採用されるなど今回のVAIO S11シリーズ最高レベルの性能を特徴としています。価格も通常のカスタマイズモデルの最高価格よりALL BLACK EDITIONのカスタマイズモデルの最高価格の方が若干高価です。なお、標準モデルの「ピンク」はCPUがCore i3しか選択できないところが注意ポイントです。カスタマイズモデルであれば「ピンク」でも高性能な構成が選べます。

デザインは基本的に、VAIO S11(2017年9月モデル)を踏襲しています。最近のVAIOシリーズにおいてピンクは定番カラーであり、現行のVAIO S152016年のVAIO S11でもピンクのモデルがあるのですが、これらのピンクは色も質感も同じものとなっています。今回のモデルの「ピンク」も、天板はこれまでのVAIOのピンクと共通なのですが、キーボード面のメタリックピンクが新しく登場したことになります。色としては、Macbookのローズゴールドのような、一目でわからないようなピンクではなく、他の色と見間違えのない明るいピンクが使われています。キーボード面の質感はVAIO S11(2017年9月モデル)と同様で、金属製で横方向のヘアラインが入っています。PC業界のデザインという視点で見ると、Macbookのローズゴールドあたりから始まる近年のノートPCのメタリックピンクがVAIOにも本格的にやって来たということになります。

今回は、VAIO S11(2018年春モデル)「ピンク」のご紹介しました。モデル選択が多少複雑ではありますが、デザイン性の高いピンクのモバイルノートパソコンを探しているならかなり有力な選択肢となるでしょう。

VAIO S11 VJS112 / VAIO Pro PF VJPF11 シリーズ (2017) 用 液晶 保護 フィルム 反射低減 アンチグレア 非光沢 マット シート シール フィルター [fiel.D 正規品] 日本製

価格:1,399円
(2018/3/19 21:51時点)
感想(0件)

ブラウンが増えたフラットデザインの11型VAIO - VAIO S11(2017年9月モデル)(VAIO)

【送料無料】 VAIO バイオ VJS11290511T ノートパソコン S11 ブラウン [11.6型 /SSD:128GB /メモリ:4GB /2017年9月モデル]

価格:161,773円
(2018/9/21 00:12時点)

関連記事:
フラットデザインの11型VAIOのピンクモデル - VAIO S11(2018年春モデル)(VAIO)
VAIO S11のピンクモデルの色 - VAIO S11(2016年11月モデル)(VAIO)

VAIOからVAIO S11(2017年9月モデル)が登場しました。製品カテゴリとしては軽量モバイルノートPCとなりますがこのカテゴリの基本的な特徴はこちらをご覧下さい。

基本的な仕様を見ていきますが、詳細なレビューはこちらをご覧ください。店頭モデルの場合は、ディスプレイは、11.6型とコンパクトで、解像度はフルHDの1920×1080ドット、タッチには非対応です。性能面ですが、CPUはCore i5-7200U(2.5GHz)やCore i3-7100U(2.4GHz)、メモリは4GBと小さめですです。バッテリ駆動時間は15、16時間と十分な長さです。重量は840g、860gとかなり軽量です。価格は、15から18万円と、VAIOらしく高価格です。カスタマイズモデルだと選択肢は格段に広がり、例えば、CPUはCore i7やCeleron、メモリは8GBや16GBなどから選べますが、価格も最大40万円程度になります。

デザインの詳細を見ていきましょう。ディスプレイを閉じているときの基本的な形状は、手前に向かって薄くなる板状です。上から見るともちろん長方形ですが、角が丸かった従来機種と比べると角が角ばっており、従来のVAIO S11と比べるとかなりシャープな印象です。天板は、縁に近いところに線の入ったフラットな形状で、クロムメッキ風のVAIOのロゴマークが中央に入るVAIO定番のデザインです。

ディスプレイを開いたときのデザインはいくらか特徴的です。近年のノートPCのキーボードの多くは、少しくぼませたキーボードエリアに、隙間を開けてキーを並べていますが、新しいVAIO S11は、キーボードエリアをくぼませず、キーボード面をフラットにしてあります(図:VAIO S11「ブラウン」)。もちろん、他社製品にも、過去のVAIOシリーズにも採用されたことのあるデザインですが、現行のノートPCでは、特徴的といっても良いでしょう。このフラットなキーボード面は、金属製ということもあり、かなりシャープな印象を与えます。逆にディスプレイ側は、ディスプレイ面に対して枠が出っ張っており、キーボード面から出っ張っているキーを収容しています。ディスプレイ側の形状が複雑になり、すっきりしていませんが、使用時にディスプレイの枠に意識を向けることはあまりないので、それほど悪影響はないでしょう。

VAIO S11「ブラウン」
VAIO S11「ブラウン」

カラーバリエーションは定番の「ブラック」(黒)、「シルバー」(シルバー)、「ホワイト」(白)と、今回の注目色の「ブラウン」(茶色)の4種類となっています。「ブラック」は閉じた状態の奥側にある細長い金属部分や天板のVAIOロゴ以外はほぼ黒一色です。今回のVAIO S11は、裏側とディスプレイの枠が、どのカラーバリエーションも黒いプラスチックであるため、全体をほぼ一色にできる唯一のカラーバリエーションです。「シルバー」は、天板とキーボード面、トラックパッドがシルバーで、他は「ブラック」とほぼ同じです。シルバーのキーボード面に黒いキーという、Macbookでお馴染みの定番のデザインです(図:VAIO S11「シルバー」のキーボード)。「ホワイト」は少し複雑で、天板は白、キーボード面はシルバー、キーとトラックパッドは白となっています(図:VAIO S11「ホワイト」のキーボード)。トラックパッドとキーボード面の色が異なる唯一のカラーバリエーションとなっています。天板の白は、ベージュっぽさのない純白で、つや消しが徹底されており、なかなか個性的です。キーは白く、汚れが目立ちそうなので、キーボードカバーを使用したほうが良いかもしれません。「ブラウン」は、前のモデルにはなく、今回のVAIO S11で登場したシンボル的なカラーバリエーションで、天板とキーボード面、トラックパッドは茶色、キーは黒となっています。この茶色は、ゴールドやピンクからは離れたいかにも茶色という感じで、飛び抜けて明るいとか暗いということのない上品な色合いです。どのカラーバリエーションも、天板はマットで、画面の枠は黒、キーボード面は横向きのヘアラインが入っています。

VAIO S11「シルバー」のキーボード
VAIO S11「シルバー」のキーボード
VAIO S11「ホワイト」のキーボード
VAIO S11「ホワイト」のキーボード

今回は、よりシャープなデザインに進化したVAIO S11(2017年9月モデル)を紹介しました。VGAコネクタや有線LANコネクタ装備、800g半ばの重量など非常に実用的であり、VAIOらしいシャープな形状や、「ブラウン」、「ホワイト」などの個性的なカラーバリエーションなど、デザイン面においても優れたものとなっています。実用性の高い、特に茶色または白のデザイン性の高い軽量モバイルノートPCを探すなら最有力な製品となるでしょう。