すみまで楽に塗れるなめらかデザインのスティックのり - GLOOスティックのり(コクヨ)

コクヨ グルー GLOO スティックのり(しっかり貼る)Mサイズ タ-G302

価格:243円
(2019/5/19 05:19時点)

GLOOスティックのり(しっかり貼る)パッケージ

紙をでこぼこにせず、便利なスティックのりですが、紙の端や角にのりをぬるためにしばしば手間がかかります。これは、机にのりがつかないように遠慮してしまうというだけでなく、スティックのりが円柱状であることが原因です。 紙の端を塗ろうにも、円柱状なために、ぬっている中央部分ばかりぬられ、端はあまりぬられません。また、円柱状なので、形状が合わない角の部分のぬり残しが大きくなります。そこで、登場するのがコクヨのGLOOシリーズのスティックのりです(図「GLOOスティックのり(しっかり貼る)パッケージ」)。のりの形状を四角柱にすることで、端や角をぬりやすくしています。四角柱なので、ぬっている中心も端もおなじようにぬられ、角にも深く届きます。設計上そうなっているだけでなく、実際に使用してみてもその便利さは、はっきりわかるくらいです。

立てたGLOOスティックのり(しっかり貼る)

機能性を向上させるだけでなく、現代の製品らしく審美的なデザインにも力が注がれています。基本的にはスティック状ですが、一方は円、もう一方は円より少し小さな正方形となっており、異なる形状がなめらかにつながれています。四角いのりと、回すと出てくるという構造を、形状で表現しているのでしょうか。ふたをして立てるときは、のりが出てくる丸くて大きな方を下にします(図「立てたGLOOスティックのり(しっかり貼る)」)。色はのりのイメージに合う白で、ふたをして立てたときに上に来る正方形の部分に、GLOOスティックのり(しっかり貼る)ならグレー、GLOOスティックのり(色が消える)ならライトグリーンというようにアクセントカラーが入っています。側面には、ライトグレーのGLOOのロゴが入っています。形状も色合いも、なめらかでモダンな感じです。ただ、ちょっとわかりにくいところもあり、のりを出すときに回すのが正方形で、正方形ののりがせり出してくる方が円になっています(図「ふたを開けたGLOOスティックのり(しっかり貼る)」)。

ふたを開けたGLOOスティックのり(しっかり貼る)

GLOOは貼ることに注目した製品シリーズであり、スティックのり以外には、テープのりや瞬間接着剤、テープカッターなどに展開され、優れたデザインも製品の特性に応じて展開されています。デザインは、Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれるなど世界的に活躍するデザイナー佐藤オオキ氏によるものです。

機能性、デザイン性に優れたGLOOスティックのりをご紹介しました。デザインを生活に取り入れるだけでなく、生産性の向上も行いたいのなら、ちょうど良い製品となるでしょう。高価でもなく消耗品なので、試しに取り入れることも容易なはずです。

グルー GLOOスティックのり(色が消える)Mサイズ【コクヨ】タ-G312

多少は狭額化されたiPad Proとそのパッケージ - iPad Pro 10.5-inch(2017年モデル)(Apple)

iPad Air 2019 iPad Pro 2018 ガラスフィルム iPadPro 11インチ 12.9インチ ガラス iPad5 2017 Air2 ブルーライトカット フィルム 目に優しい iPad Pro 9.7インチ 10.5インチ 液晶保護フィルム アイパッド フィルム ガラスシート 9H 0.3mm iPadフィルム

価格:1,680円
(2019/6/2 03:23時点)

Apple iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 64GB MQDY2J/A [ローズゴールド]アップル タブレット PC 単体 新品

価格:69,980円
(2019/6/2 03:27時点)

関連記事:
3状態に対応したiPad Pro用キーボードとパッケージ - 10.5インチiPad Pro用Smart Keyboard – 日本語(JIS)(アップル)
2015から2018のIT機器におけるピンクゴールドのブーム

間もなく新製品が登場すると噂されるiPad Proですが、ここで10.5-inch「ローズゴールド」(ピンクゴールド)の2017年モデルのデザインと、それに加えてパッケージデザインを見ていきたいと思います。

正面(図「iPad Pro正面」)は、画面以外は真っ白で、装飾は角の面取りのみとアップル定番のシンプルなものです。角を削って面を作る面取りが、本体正面の上下左右の辺の角、ホームボタンを囲む円形の縁の角に対して施されています。この面取り部分は、ダイヤモンドカット風のツヤがあり、「ローズゴールド」の着色がされています。新モデルは徹底した狭縁化がされると噂されていますが、本モデルも前モデルと比べれば多少は狭縁化されています。サイズは高さ250.6mm、幅174.1mmとなっており、縦横比は1.44対1で、A4用紙などでおなじみの1.41対1に近い値となっています。A4やA3などの用紙サイズでお馴染みの比率であり、白銀比とも呼ばれ美しく感じられる比率と言われています。

iPad Pro正面
iPad Pro正面

裏面(図「iPad Pro裏面」)は全体が「ローズゴールド」でマットな金属製となっており、中央のアップルロゴの部分のみが鏡面仕上げとなっています。上下左右の辺の角は丸められており、マットな表面と相まって柔らかな印象となっています。

iPad Pro裏面
iPad Pro裏面

上下の側面(図「iPad Pro上面」、「iPad Pro下面」)にはLightningコネクタや多数のスピーカーの穴が開けられていますが、各穴も面取りがされておりアップルのこだわりが感じられます。左右の側面(図「iPad Pro左面」、「iPad Pro右面」)も余計な要素を最小限にしたデザインとなっています。

それではパッケージの方を見ていきましょう。パッケージの正面(図「iPad Pro箱正面」)は製品を正面から見た写真となっており、真っ白とピンクを基調とした鮮やかなパッケージです。「ローズゴールド」モデルなので、それがはっきりわかるように本体の画面にはピンクの比率の高い写真が表示されています。本体を正面から見た場合、カラーバリエーションが縁にしか見えないため、販売などで色を取り違えないようにするための工夫も兼ねているのでしょう。

iPad Pro箱正面
iPad Pro箱正面

箱を開けるとパッケージの正面通りに製品が入っており(図「開けた箱」)、開けた瞬間に製品と出会えるようになっています。

開けた箱
開けた箱

本体を取り出すと、保証書とLightningケーブルがすぐに手に取れるように取っ手をこちらに向けて上下に美しく並んでいます(図「本体を取り出した箱」)。右上に製品のカメラの出っ張りに対応した凹みがアクセントになっているようにも見えます。

本体を取り出した箱
本体を取り出した箱

保証書を取り出すと、USB電源アダプタが取っ手をこちらに向けて現れます(図「保証書を取り出した箱」)。

保証書を取り出した箱
保証書を取り出した箱

ケーブルを取り出すと、ケーブルをまとめるための紙部品も非常に精巧です(図「Lightningケーブルを束ねる紙部品」)。

Lightningケーブルを束ねる紙部品
Lightningケーブルを束ねる紙部品

一通り取り出すと、四角い二段の穴と丸い穴の並んだ継ぎ目のない真っ白い造形が現れ、まるで現代美術作品のようです(図「空の箱」)。

空の箱
空の箱