風紋デザインを取り入れたポータブルハードディスク - HDPH-UTシリーズ(I-O DATA)

アイオーデータ機器 外付けポータブルハードディスク(HDD) HDPH-UT1NV(ミレニアム群青) [USB3.0・1TB] カクうす Lite (HDPHUT1NV)

価格:7,021円
(2018/9/21 00:19時点)

IODATA HDPH-UT500W(ホワイト) カクうす Lite ポータブルHDD 500GB USB3.0接続

価格:6,881円
(2018/5/21 00:36時点)
感想(0件)

近年、風紋を思わせる凹凸のあるデザインが、商業施設や公共施設のインテリアとして広がりつつあるようです。実際には、図「東京の駅の風紋デザイン」のようなものですが、波型の凹凸がライトアップによって強調される場合が多いようです。本物の風紋は規則的な形状と不規則な形状が組み合わさっていますが(図「鳥取砂丘の風紋」)、風紋デザインのインテリアは、やはり工業製品なので、完全に周期的な波型の凹凸となっています。この風紋デザインがモバイルハードディスクにもやって来ています。製品分野やサイズが全く異なるにもかかわらず、デザインの流行が波及していく興味深い例ではないでしょうか。

東京の駅の風紋デザイン
東京の駅の風紋デザイン
鳥取砂丘の風紋
鳥取砂丘の風紋

アイ・オー・データ機器のHDPH-UTシリーズは、モバイルハードディスクでは一般的な板状の直方体をしていますが、側面が風紋デザインとなっています(図「HDPH-UT「ブラック」」、図「HDPH-UT「ミレニアム群青」」、図「HDPH-UT「ホワイト」」)。風紋デザインは側面のみである上に、インテリアと異なりライトアップされるわけではないので、あまり目立ちませんが、退屈になりがちなモバイルハードディスクの形状にうまく変化を付けています。使われている面積も少なく、緩やかな曲線なので、悪目立ちせず上品で柔らかな印象です。さらに細かいスケールで見ると、全面がザラザラの見えるつや消しとなっており、まさに砂浜の風紋となっています。

HDPH-UT「ブラック」
HDPH-UT「ブラック」
HDPH-UT「ミレニアム群青」
HDPH-UT「ミレニアム群青」
HDPH-UT「ホワイト」
HDPH-UT「ホワイト」

形状を細かく見ると、側面までふたが覆うタイプの箱型、例えるなら弁当箱型といった形状です。ふたの部分に、風紋デザインやカラーバリエーションが施されていますが、斜め上からでもふたで覆えない部分が少し見えています。また、記憶容量により厚さが異なり、500GBと1TBの製品で15mm(図「HDPH-UT「ブラック」」、図「HDPH-UT「ホワイト」」)、2TB以上の製品で20mm(HDPH-UT「ミレニアム群青」)となっています。

カラーバリエーションは、「ブラック」(黒)、「ホワイト」(白)に加えて、IOデータのテーマカラーとも言える「ミレニアム群青」の3色と、シックな色合いのみとなっています。「ブラック」も「ホワイト」も名前の通りの色合いとなっています。また、どのカラーバリエーションにも500GB、1TB、2TBの製品があるのですが、3TB、4TBの製品は「ブラック」のみとなっています。

細かくカラーデザインを見た場合に注意点となるのは、底面はどのカラーバリエーションも黒となっていることです。ふたで覆えない部分があるため、「ブラック」以外が消極的なツートンカラーとなっています。「ブラック」では単色となります。「ミレニアム群青」では紺と黒の違いが目立たないため、斜め上から見てもほとんど気になりませんが、裏返した場合はもちろん黒が見えます。「ホワイト」では斜め上から見ても黒が目立ってしまいます(図「HDPH-UT「ホワイト」」)。このあたりはメーカーも気にしているのか、商品写真に裏側がありません。(なお、商品写真のページには高解像度の商品写真があるのですが、「高解像度(500GB/1TB)」という表現は誤解を招きそうです。)

側面の風紋デザインが個性的なモバイルハードディスクHDPH-UTシリーズをご紹介しました。奇抜なデザインは避けつつも、個性的で繊細なデザインを求める方には良い製品となるでしょう。また、現在「ミレニアム群青」のポータブルハードディスクにおいて唯一のシリーズとなっており、「ミレニアム群青」でモバイルハードディスクを求める場合には、重要な製品となっています。

IODATA HDPH-UT500K(ブラック) カクうす Lite ポータブルHDD 500GB USB3.0接続

価格:6,971円
(2018/5/21 00:37時点)
感想(0件)

【送料無料】 IOデータ ポータブルハードディスク [USB 3.0・3TB・Win/Mac] HDPH-UTシリーズ「カクうす 波(なみ)」(ブラック) HDPH-UT3DK[HDPHUT3DK]

価格:19,980円
(2018/5/21 00:37時点)
感想(0件)

メタリックピンクが特徴的なモバイルノートPC - LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)(NECパーソナルコンピュータ)

NM150/KA / NM350/KA / NM550/KA 用 保護 フィルム OverLay Eye Protector for LAVIE Note Mobile NM150/KA / NM350/KA / NM550/KA 【送料無料】【ポストイン指定商品】 液晶 保護 フィルム シート シール フィルター 目にやさしい ブルーライト カット

価格:2,592円
(2018/5/1 00:20時点)
感想(0件)

関連記事:
個性的なターコイズ系ブルーのコンパクトモバイルノートPC - LAVIE Note Mobile(NMx50/GAシリーズ)、LAVIE Direct NM(GN1xxx/xAシリーズ)(NECパーソナルコンピュータ)

NECパーソナルコンピュータ株式会社から個性的なメタリックピンクが選べるモバイルノートPCであるLAVIE Note Mobile(2018年春モデル)が登場しました。細かくは、店頭モデルであるLAVIE Note MobileのNMx50/KAシリーズと、その直販モデルであるLAVIE Direct NMのGN1xxx/xDシリーズとなります。ターコイズカラーが特徴的だったLAVIE Note Mobileシリーズの後継です。製品のジャンルとしては(中型)モバイルノートPCとなりますが、このカテゴリの基本的な特徴はこちらをご覧下さい。

仕様を大まかに見ていきましょう。ディスプレイは12.5型、重量は約925gと非常に実用的なサイズと重量です。ただし、最近の日本製モバイルノートPCとしては、そこまで軽くはありません。例えば、同じNECのLAVIE Hybrid ZERO(HZx50/GAシリーズ)なら、13.3型ディスプレイ搭載で769gや831gとなっています。性能面ですが、CPUは店頭モデルの最高がCore i5-7Y54、最低がCeleron 3965Y、直販モデルの最高がCore i7-7Y75、最低がCeleron 3965Yとなっています。メモリは8または4Gバイトとなっています。バッテリー駆動時間は約11時間と十分な時間となっています。近年はPCの性能が飽和しており、どのモデルでもネット閲覧、ワープロのような基本的な用途や、基本的な写真編集や画像作成のような用途でも十分にこなせるでしょう。ただし、本格的な3Dゲームや3D映像作成などには不向きです。

それでは、デザインを見ていきましょう。本製品の基本的なデザインは前モデルよりも優しい印象を狙っているようで、最もシンボリックなカラーバリエーションは穏やかな印象を与える「メタリックピンク」としており、形状も角が丸められた直方体となっています(図「LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「メタリックピンク」」)。

LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「メタリックピンク」

カラーバリエーションは、「メタリックピンク」、「パールホワイト」、「パールブラック」(黒)の3色で、どれもつや消しとなっています。「メタリックピンク」は金属的な質感の非常に穏やかなピンク色です(図「LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「メタリックピンク」の表面」)。最近の情報機器におけるメタリックなピンクの流行に乗ったカラーです。他のカラーバリエーションと違ってキラキラした粒子はないようです。キーボードは黒となっています。「パールホワイト」の天板は多少パール感がありキラキラした粒子が見えますが、本格的なパールの質感ではありません(図「LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「パールホワイト」の表面」)。キーボードも白で全体が統一されて、すっきりしています。「パールブラック」も同様で天板に多少パール感があり、キラキラした粒子が見えます(図「LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「パールブラック」の表面」)。キーボードも黒で全体が統一されて、すっきりしています。どのカラーバリエーションも質感には多少の配慮があるのですが、明らかにプラスチックの質感で高品位な感じではありません。

LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「メタリックピンク」の表面
LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「メタリックピンク」の表面
LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「パールホワイト」の表面
LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「パールホワイト」の表面
LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「パールブラック」の表面
LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「パールブラック」の表面

形状は、基本的には直方体で前モデルを踏襲していますが、閉じているときに真上から見える角、すなわち天板の角も大きく丸められており、前モデルより柔らかな印象を受けます。前モデルはディスプレイが11.6型と2018年春モデルの12.5型より小さく、筐体も小さいため、体積を確保するためか、天板の角が小さく丸められており鋭い印象でした。また、前モデルは、キーボードエリアが本体の幅に迫っており、せせこましい緊張感のある印象だったのが、2018年春モデルでは、キーボードエリアと本体の幅が十分にあり、ゆとりのある印象になっています。ただし、前モデルと変わらずのディスプレイ側は狭額デザインなので、ディスプレイ側は相変わらず緊張感のある印象となっています。

カラーバリエーションのうち「メタリックピンク」は、いくらか個性的で、周辺機器のデザインは揃えたいことでしょう。ここでは、マウスであるバッファローBSMBW328BPをご紹介します。「メタリックピンク」は、ベージュやゴールドに近い控えめなピンクの本体と黒いキーボードで構成されていますが、BSMBW328BPは色合いも色の組み合わせもぴったり揃っています。類似色のピンクのマウスはありますが、きちんと黒まで揃っているマウスはあまり多くありません。

今回は、NECのLAVIE Note Mobile(2018年春モデル)をご紹介しました。前モデルを踏襲したデザインではありますが、形状は多少優しい印象となり、シンボル的なカラーバリエーション「メタリックピンク」も穏やかで、シリーズ内では個性的な印象です。ただし、最近はメタリックなピンクのノートPCが流行しているので、1kgを切る持ち運びやすさを必要としているかどうかが、LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)を選ぶかどうかのポイントとなるでしょう。

バッファロー 無線 BlueLED Dpi切替対応 マウス[USB・Win] BSMBW328シリーズ(5ボタン・ベージュピンク) BSMBW328BP

価格:2,451円
(2018/5/1 00:00時点)
感想(0件)

PC-NM150KAG NEC 12.5型ノートパソコン LAVIE Note Mobile NM150/KAシリーズ メタリックピンク LAVIE 2018年 春モデル(Celeron/メモリ4GB/SSD128GB/Office H&B) [PCNM150KAG]【返品種別A】

価格:99,140円
(2018/5/1 00:21時点)
感想(1件)