風紋デザインを取り入れたポータブルハードディスク - HDPH-UTシリーズ(I-O DATA)

【送料無料】【税込み】【メーカー保証】アイオーデータ IO DATA HDPH-UT500NV プレミアム・アウトレット ワケあり

価格:6,480円
(2018/5/21 00:35時点)
感想(0件)

IODATA HDPH-UT500W(ホワイト) カクうす Lite ポータブルHDD 500GB USB3.0接続

価格:6,881円
(2018/5/21 00:36時点)
感想(0件)

近年、風紋を思わせる凹凸のあるデザインが、商業施設や公共施設のインテリアとして広がりつつあるようです。実際には、図「東京の駅の風紋デザイン」のようなものですが、波型の凹凸がライトアップによって強調される場合が多いようです。本物の風紋は規則的な形状と不規則な形状が組み合わさっていますが(図「鳥取砂丘の風紋」)、風紋デザインのインテリアは、やはり工業製品なので、完全に周期的な波型の凹凸となっています。この風紋デザインがモバイルハードディスクにもやって来ています。製品分野やサイズが全く異なるにもかかわらず、デザインの流行が波及していく興味深い例ではないでしょうか。

東京の駅の風紋デザイン
東京の駅の風紋デザイン
鳥取砂丘の風紋
鳥取砂丘の風紋

アイ・オー・データ機器のHDPH-UTシリーズは、モバイルハードディスクでは一般的な板状の直方体をしていますが、側面が風紋デザインとなっています(図「HDPH-UT「ブラック」」、図「HDPH-UT「ミレニアム群青」」、図「HDPH-UT「ホワイト」」)。風紋デザインは側面のみである上に、インテリアと異なりライトアップされるわけではないので、あまり目立ちませんが、退屈になりがちなモバイルハードディスクの形状にうまく変化を付けています。使われている面積も少なく、緩やかな曲線なので、悪目立ちせず上品で柔らかな印象です。さらに細かいスケールで見ると、全面がザラザラの見えるつや消しとなっており、まさに砂浜の風紋となっています。

HDPH-UT「ブラック」
HDPH-UT「ブラック」
HDPH-UT「ミレニアム群青」
HDPH-UT「ミレニアム群青」
HDPH-UT「ホワイト」
HDPH-UT「ホワイト」

形状を細かく見ると、側面までふたが覆うタイプの箱型、例えるなら弁当箱型といった形状です。ふたの部分に、風紋デザインやカラーバリエーションが施されていますが、斜め上からでもふたで覆えない部分が少し見えています。また、記憶容量により厚さが異なり、500GBと1TBの製品で15mm(図「HDPH-UT「ブラック」」、図「HDPH-UT「ホワイト」」)、2TB以上の製品で20mm(HDPH-UT「ミレニアム群青」)となっています。

カラーバリエーションは、「ブラック」(黒)、「ホワイト」(白)に加えて、IOデータのテーマカラーとも言える「ミレニアム群青」の3色と、シックな色合いのみとなっています。「ブラック」も「ホワイト」も名前の通りの色合いとなっています。また、どのカラーバリエーションにも500GB、1TB、2TBの製品があるのですが、3TB、4TBの製品は「ブラック」のみとなっています。

細かくカラーデザインを見た場合に注意点となるのは、底面はどのカラーバリエーションも黒となっていることです。ふたで覆えない部分があるため、「ブラック」以外が消極的なツートンカラーとなっています。「ブラック」では単色となります。「ミレニアム群青」では紺と黒の違いが目立たないため、斜め上から見てもほとんど気になりませんが、裏返した場合はもちろん黒が見えます。「ホワイト」では斜め上から見ても黒が目立ってしまいます(図「HDPH-UT「ホワイト」」)。このあたりはメーカーも気にしているのか、商品写真に裏側がありません。(なお、商品写真のページには高解像度の商品写真があるのですが、「高解像度(500GB/1TB)」という表現は誤解を招きそうです。)

側面の風紋デザインが個性的なモバイルハードディスクHDPH-UTシリーズをご紹介しました。奇抜なデザインは避けつつも、個性的で繊細なデザインを求める方には良い製品となるでしょう。また、現在「ミレニアム群青」のポータブルハードディスクにおいて唯一のシリーズとなっており、「ミレニアム群青」でモバイルハードディスクを求める場合には、重要な製品となっています。

IODATA HDPH-UT500K(ブラック) カクうす Lite ポータブルHDD 500GB USB3.0接続

価格:6,971円
(2018/5/21 00:37時点)
感想(0件)

【送料無料】 IOデータ ポータブルハードディスク [USB 3.0・3TB・Win/Mac] HDPH-UTシリーズ「カクうす 波(なみ)」(ブラック) HDPH-UT3DK[HDPHUT3DK]

価格:19,980円
(2018/5/21 00:37時点)
感想(0件)

黒に合う純正Mac用キーボード - Magic Keyboardテンキー付き「スペースグレイ」(Apple)

Apple(アップル)純正 Magic Keyboard テンキー付き Bluetooth マジックキーボード (iMac/Mac Pro/MacBook/iPad/iPhone対応) 日本語(JIS) スペースグレイ MRMH2J/A MRMH2JA

価格:19,980円
(2018/5/6 02:24時点)
感想(0件)

AppleのデスクトップPCにおいて、ももともと一般向けであったiMacシリーズにプロ向けが出たということで話題をさらったiMac Proですが、様々な点において非常に力の入った製品となっています。圧倒的な性能とそれにともなう55万円からという高価格だけでなく、これまでのiMacを含むAppleのデスクトップ製品にはなかった「スペースグレイ」のデザインや、それに合わせてMagic KeyboardとMagic Mouse 2といった付属周辺機器まで「スペースグレイ」となったことも話題となりました。Magic KeyboardとMagic Mouse 2はiMac Proにより、初めてカラーバリエーションを持ったことになります。iMac Pro発売当初は、これらの「スペースグレイ」の周辺機器を単独では購入できず、この辺りも話題となりましたが、その後、単独でも購入可能となりました。

Magic Keyboardテンキー付き「スペースグレイ」
Magic Keyboardテンキー付き「スペースグレイ」

今回ご紹介するのは、iMac Pro付属のキーボードとしても採用されているMagic Keyboardテンキー付き「スペースグレイ」(図「Magic Keyboardテンキー付き「スペースグレイ」」)です。基本的にはすでに登場しているMagic Keyboardテンキー付きと同じです。一番上のファンクションキーの段は通常のキーサイズとしており、全体に一様で余計な変化を入れないデザインも全く変わりません。変化したのは色のみとなっています。枠は粗いつや消しの黒っぽいシルバーで、キーは細やかなつや消しの黒、文字は白となっており、落ち着いた力強い印象となっています(図「Magic Keyboardテンキー付き「スペースグレイ」のキー」)。

Caps Lockのランプが緑なのは見やすくて便利です。確かに、モノトーン以外の色が入り込むのは野暮ったく見えるかもしれませんが、類似のデザイン性を持ったSurface キーボードでは、光る部分がもともと白く、光の色も白く明るくないために、ランプがついているかどうかがわかりにくいという欠点を抱えていました。図「Magic Keyboardテンキー付き「スペースグレイ」のキー」のCaps Lockランプは点灯しているのが少し見にくいですが、実際はこれよりはっきりと見えます。

Magic Keyboardテンキー付き「スペースグレイ」のキー
Magic Keyboardテンキー付き「スペースグレイ」のキー

このApple純正のMagic Keyboard「スペースグレイ」の登場には、様々なメリットがあります。キーの汚れや変色が目立ちにくくなることや、「スペースグレイ」のMacbookシリーズやMac Proに調和した外付けキーボードが選べることなどが挙げられます。特に、Mac Proにとっては素晴らしい選択肢となります。Mac Proはつややかな黒い円柱型をしており、Magic Keyboard「スペースグレイ」の黒っぽいシルバーの枠と黒いキーがよく似合います。さらに、Mac Proを設置するようなクリエイティブ系の作業環境では、映像などの制作のじゃまにならないように、黒枠のディスプレイなど全体的に黒い装置やインテリアが選ばれている場合が多く、このような環境には「スペースグレイ」はぴったりです。また、AppleデザインのキーボードをWindowsシリーズで使用したい場合にも、デザインの選択肢が増えることになります。

今回は、黒いデザインに調和するApple純正キーボードMagic Keyboardテンキー付きの新しいカラーバリエーション「スペースグレイ」をご紹介しました。Mac Pro用キーボードや、黒系のデザイン性の高いWindows用キーボードとして非常に良い選択肢となるでしょう。