カラフルなMacbook風ウルトラモバイルPC - OneMix2S(ONE-NETBOOK Technology)

One-Netbook Technology ONEMIX2SJ-P2 ノートパソコン OneMix2S さくらピンク [7.0型 /intel Core m3 /SSD:256GB /メモリ:8GB /2019年6月モデル][ONEMIX2SJP2]

価格:102,600円
(2019/6/30 05:08時点)

One-Netbook Technology モバイルノートPC OneMix2S ONEMIX2SJ-S2 シルバー [Core m3・7.0インチ・SSD 256GB・メモリ8GB] (ONEMIX2SJS2)

価格:102,600円
(2019/6/30 05:09時点)

ONE-NETBOOK TechnologyOneMix2Sは、近年、中国企業から次々と登場しているUMPC(Ultra-Mobile PC)の一つです。かつてソニーのVAIO type Pはポケットサイズとの主張が物議を醸しましたが、これと比べるとかなりポケットサイズに近く、VAIO type Uや富士通のLoox Uに相当する製品です。

単に小型であるだけでなく、360°回転コンバーチブルやペン対応など、近年のPCの流れを意欲的に取り込んだ製品となっています。さらに、カラーやグレードのバリエーションが用意されており、Macbookの「シルバー」ようなシルバーの基本モデルに加えて、Macシリーズの「スペースグレイ」に似た色合いでハイスペックな「Platinum Edition」、ピンクの「さくらピンクEdition」、赤の「Koi Edition」などが登場しています。

基本的な形状は、Macbook Proのような、厚みのが変わらず、縁がやや曲線を描いている形状で、例えるなら長方形のラングドシャのような形状です。もちろん、質感も色合いまでMacbook風です。キーボードも現在の定番のアイソレーションキーが採用されています。色は定番の色合いとなっていますが、「さくらピンクEditon」は <a href=” http://www.design-inf.com/2018/pink-gold-2015-2018/ “> 少し前のピンクゴールドの流れ </a> をくんでいるのか、いかにもな桜の色というよりは若干オレンジ寄りのピンクと多少個性的で、本体とキーボードが同じ色となっています。他のカラーバリエーションはどれもキーが黒となっており、「さくらピンクEditon」には力が入っているようです。

One-Netbook OneMix 2S / OneMix 2 用 保護 フィルム OverLay Magic for One-Netbook OneMix 2S / OneMix 2 【送料無料】 液晶 保護 キズ修復 耐指紋 防指紋 コーティング

価格:1,728円
(2019/6/30 05:10時点)

ONE-NETBOOK 1世代 2世代 OneMix2S 7インチ ケース/カバース シンプル トラップ キャンパス調 ポーチ型 バッグ型 おしゃれ ケース/カバー おすすめ おしゃれ ノートパソコンバッグケース/カバー

価格:2,680円
(2019/6/30 05:09時点)

手の負担を軽減するホイップクリーム型マウス - MX Vertical(ロジクール)

MXV1S ロジクール Bluetooth/2.4GHzワイヤレス/有線対応 MX VERTICAL アドバンス エルゴノミック マウス Logicool MX Vertical Advanced Ergonomic mouse

価格:11,182円
(2019/6/2 07:06時点)

斜め後方

ロジクールから個性的なデザインのマウスMX Verticalが登場しました(図「斜め後方」)。良くも悪くも、圧倒的にかっこいいというようなデザインではなく、機能美を感じさせる不思議なデザインです。

前方から

手の疲れを軽減することを目的としたデザインとなっており、手が57°に傾斜するように作られた不思議な形状です。図「前方から」のようにマウス前方から見ると傾斜しているのがよくわかります。物をつかむ手をかたどったような形状で、右から見ると普通のマウス、後ろから見るとホイップクリーム型(図「後方から」)、底面は水滴型(図「底面」)という非常に個性的なデザインとなっています。

後方から
底面

非常に高品質なデザインではあるのですが、高級感において多少物足りないところがあります。他のLogicoolの最上位の製品と比較すると、色合いも高級感を感じさせる黒ではなくダークグレーであり、上面(図「上面」)の金属風の部分も金属の質感が強くありません。あと、製品コンセプトにより体積が大きくなってしまうため、仕方がないところかもしれませんが、見た目の割には軽すぎるようにも思われます。新しいコンセプトの製品であるということもあり、デザインをLogicoolの最上位レベルまで持っていけなかったため、意図的にこのような質感にしてあるのでしょうか。

上面

パッケージも丁寧にデザインされています。正面は本の表紙のようになっており、陳列状態でも、開くことができ、商品説明や透明のケースで覆われた製品を見ることができるようになっています(図「パッケージ」)。表紙を固定するのは近年流行っている強力な磁石です。近年の流行通りにパッケージを開けたときのデザインや取り出しやすさやにも配慮されています(図「開けたパッケージ」)。

パッケージ
開けたパッケージ