すみのえアート・ビート2018に「ラバー・ダック」登場 - 「ラバー・ダック」(フロレンティン・ホフマン)

関連記事:
すみのえアート・ビート2017に「ラバー・ダック」登場 - 「ラバー・ダック」(フロレンティン・ホフマン)

「すみのえ」を冠した芸術系イベントが2010年頃からクリエイティブセンター大阪(名村造船所大阪工場跡地)において開催されており、昨年はすみのえアート・ビート2017が開催されていました。今年もすみのえアート・ビート2018が開催され、「ラバー・ダック」が姿を表しました(図「会場に展示される「ラバー・ダック」」)。

会場に展示される「ラバー・ダック」
会場に展示される「ラバー・ダック」

すみのえアート・ビート2018の「ラバー・ダック」はクリエイティブセンター大阪の会場内だけでなく、近隣のチェックポイントに小型や中型のものが展示されています。近隣のチェックポイントとしては、アート的に面白みのある場所が選ばれる傾向があるようで、今回のチェックポイントにはM@M(モリムラ@ミュージアム)が含まれていました(図「M@M」)。

M@M
M@M

このM@Mは、この11月3日にオープンしたばかりの小規模な美術館で、美術家である森村泰昌氏の作品を鑑賞することができます。このM@Mの2階のガラス張りのベランダに中型の「ラバー・ダック」が展示されており、外からでもベランダから顔を出す中型「ラバー・ダック」を楽しむことができます(図「M@Mの「ラバー・ダック」」)。

M@Mの「ラバー・ダック」
M@Mの「ラバー・ダック」

すみのえアート・ビート2018の会場では、例年通り、本物の「ラバー・ダック」や小型「ラバー・ダック」が展示されています(図「本物と小型の「ラバー・ダック」」)。

本物と小型の「ラバー・ダック」
本物と小型の「ラバー・ダック」

今年は、ドローンに載せられた「ラバー・ダック」が飛行し、風に揺れる「ラバー・ダック」にちなんだ作品(図「「ラバー・ダック」風の作品」)が展示されています。

「ラバー・ダック」風の作品
「ラバー・ダック」風の作品

また、芸術に特化した高校である大阪府立港南造形高等学校の生徒による部屋をまるまる使ったインスタレーションも力作で、薄暗い部屋に、非常に多数の白いリボンを吊るして、浮遊する白いリボンで形作られた洞窟のような不思議な空間となっていました(図「港南造形高校のインスタレーション」)。奥には、有名なゲームのスプラトゥーンに出てきそうな、青く塗られた世界が広がっていたり、プラスチックゴミで作られた船などが展示されていました。

港南造形高校のインスタレーション
港南造形高校のインスタレーション

チェックポイントでの仕事を終えた中型「ラバー・ダック」が、トラックに載せられて帰っていく姿も愛らしいものでした(図「帰途につく「ラバー・ダック」」)。

帰途につく「ラバー・ダック」
帰途につく「ラバー・ダック」

今回はアート・ビート2018の「ラバー・ダック」をご紹介しました。芸術作品「ラバー・ダック」自体は、もちろん例年同じものですが、会場内の小型「ラバー・ダック」やチェックポイントの中型「ラバー・ダック」の展示方法は様々に変化しています。これは他の「ラバー・ダック」が登場するイベントでも、飽きられないように同様の工夫がされていることが多いようです。すでに、「ラバー・ダック」を鑑賞されている方も、再びご覧になってはいかがでしょうか。もちろん、はじめての方は大いに楽しむことができるでしょう。

3状態に対応したiPad Pro用キーボードとパッケージ - 10.5インチiPad Pro用Smart Keyboard – 日本語(JIS)(アップル)

【新品/即納】APPLE iPad Pro 10.5インチ WI-FI 64GB アイパッド プロ シルバー MQDW2J/A【楽天あんしん延長保証 加入可能商品】【KK9N0D18P】送料サイズS

価格:72,300円
(2018/10/17 02:14時点)

関連記事:
多少は狭額化されたiPad Proとそのパッケージ - iPad Pro 10.5-inch(2017年モデル)(Apple)

iPad Proは新製品の登場が近いと言われていますが、今回は、現行のiPad Pro 10.5-inch(2017年モデル)用のスマートキーボードとそのパッケージの方を見ていきます。

スマートキーボードはiPad Proのカバー兼キーボードであり、キーボードを使用するために開く場合は、三角を作って本体を立てかけるような形状となります(図「キーボードを使うときのSmart Keyboard」)。ダークグレーに白文字というモノトーン配色となっていますが、本体側のカラーバリエーションのどれにでも合うようにするためでしょう。対照的なのは、マイクロソフトのタブレット型のSurfaceシリーズで、本体側にカラーバリエーションはなく、タイプカバーと呼ばれるカバー側にカラーバリエーションを持たせています。なお、タブレット型のSurfaceシリーズは、長らくシルバー一色でしたが、Surface Pro 6には黒いモデルが登場しています。

キーボードを使うときのSmart Keyboard
キーボードを使うときのSmart Keyboard

キーボードを使わずに本体を立てるための折りたたみ方も用意されています(図「キーボードを使わないときのSmart Keyboard」)。

キーボードを使わないときのSmart Keyboard
キーボードを使わないときのSmart Keyboard

閉じた状態を含めて3つの状態を実現するために、Smart Keyboardには折れ曲がる場所が4箇所用意されています(図「広げたSmart Keyboard」)。本体やキートップに触れる部分は、iPadのカバーの定番の少し起毛した柔らかな素材が使われています。

広げたSmart Keyboard
広げたSmart Keyboard

どのように折り曲げて使用するかはパッケージの裏側に図解されています(図「Smart Keyboardのパッケージの裏」)。

Smart Keyboardのパッケージの裏
Smart Keyboardのパッケージの裏

パッケージ正面は、真っ白い背景にiPad Pro本体が省略された状態でキーボードを使用する折り曲げ方の写真が掲載されています(図「Smart Keyboardのパッケージ」)。背景が真っ白で、製品写真のみというデザインはiPad Pro本体などでも使われているアップルの定番です。背景は真っ白、パッケージの角も鋭く隙のない印象です。

Smart Keyboardのパッケージ
Smart Keyboardのパッケージ

パッケージ内における製品の収納のされ方も見事で、キーボードを包み込む構造のためにできる、欠けの部分に書類の束がはめ込まれています(図「Smart Keyboardのパッケージを開けたところ」)。もちろん、スマートキーボードを取り出しやすくす取っ手もこちらを向いています。

Smart Keyboardのパッケージを開けたところ
Smart Keyboardのパッケージを開けたところ

さらに、書類の束の包みも取り出しやすいように欠けを作り機能性を高め、書類もSmart Keyboard同様に角を丸めて審美性を高めるなど、どこまでも妥協のない作りになっています(図「Smart Keyboardの書類の束」)。

Smart Keyboardの書類の束
Smart Keyboardの書類の束

【新品/即納】APPLE iPad Pro 10.5インチ WI-FI 64GB アイパッド プロ ゴールド MQDX2J/A【楽天あんしん延長保証 加入可能商品】【KK9N0D18P】送料サイズS

価格:72,300円
(2018/10/17 02:16時点)