落ち着いたシルバーデザインのロジクール初一般向けメカニカルキーボード - K840(ロジクール)

ロジクールK840 有線キーボード[USB・Win] Romer-Gメカニカルスイッチ

価格:9,990円
(2017/7/25 23:31時点)
感想(0件)

関連記事:
狭額デザインに進化した定番高級メカニカルキーボード- REALFORCE R2(東プレ)
円とシルバーが特徴的なダイヤル付きワイヤレスキーボード- Craft(KX1000s)(ロジクール)

ロジクールから、一般向けでは初のメカニカルキーボードが登場しました。高品質なマウスで定評のあるロジクールですが、高級キーボードでは定番となっているメカニカルキーボードにはあまり積極的ではありませんでした。最近になってやっと、ゲームングキーボードG413でメカニカルキーボードが登場したばかりで、K840はG413の成果を一般向けにしたような製品となっており、遠目に見る程度には同じ製品に見えるでしょう。

デザインを詳細に見ていきましょう。形状はシンプルで、上から見ると角を丸めた長方形となっています。横から見ると、プラスチックの土台の上にアルミの板を貼り合わせてあり、キーがキノコのように飛び出しています。最近のゲーミングキーボードでしばしば見られるキーの根本を隠さない構造です。基本に忠実なK840ですが、このキノコ型のキーは、一般向けキーボードの中では、いくらか個性的的です。色もシックで、キーはダークグレー、ベースはシルバーとなっています(図「K840右上部分」)。キーは黒と言っても良いくらいですが、よく見ると完全な黒と言うには不十分で、実際G413の黒いキーと比べるとダークグレーであることがわかります。キーの文字は白となっています。土台の色はアルミの板によりシルバーですが、細かな梨地となっており、さらさらした手触りです。なお、G413では横向きのヘアラインでもう少しきらびやかです。右上にはロジクールのロゴが、白や黒ではなくグレーで描かれています。以上をまとめて見ると、K840は落ち着いたデザインになるように努力されていることがわかります。土台はアルミですが金属光沢でギラギラしないように梨地とし、キーもシルバーの土台とのコントラストが強くならないようにダークグレーとなっています。

K840右上部分

仕様は基本に忠実で、キーはテンキーのある108キーのフルキーで配列も標準です。インタフェースは有線のUSB接続となっています。また、高級メカニカルキーボードらしく重量は910gと重めとなっています。

ロジクール初のメカニカルキーボードK840をご紹介しました。メカニカルキーボードで、黒や白ではないモノトーンのキーボードが欲しいという場合には有力な選択肢となるでしょう。もちろん、タイプ感の好みがあるので実際に使用感を試すのは必須となります。

優しい手触りのクラムシェル型モバイルノートPC - Surface Laptop(マイクロソフト)

マイクロソフト Surface Laptop 13.5型タッチ対応ノートPC (Office付き) DAG-00106 プラチナ (2018年モデル)(送料無料)

価格:138,800円
(2018/9/21 00:32時点)

【新品/在庫あり】Surface Laptop DAG-00109 コバルトブルー

価格:139,320円
(2018/9/21 00:33時点)

Microsoftからクラムシェル型モバイルノートPCであるSurface Laptopが登場しました。製品カテゴリとしては(中型)モバイルノートPCとなりますが、このカテゴリの基本的な特徴はこちらをご覧下さい。基本的な仕様を見ていきましょう。ディスプレイは13.5型で2,256×1,504ドットと、最近のモバイルノートPCらしく大型で高解像度となっています。タッチ操作やSurfaceペンにも対応しています。重量は、1.25/ 1.28kgと現在では少し重い部類に入ります。性能面ですが、CPUは第7世代のCore i5/ i7、メモリは4/ 8/ 16GB、ストレージは128/ 256/ 512GBとなっています。バッテリ駆動時間は14.5時間と長時間使用に耐えられます。現在判明している価格は、CPUがCore i5、メモリが4GBのモデルが最低価格の税込み136,944円、メモリが8GBのモデルが税込み158,544円とSurface Proのキーボードのない本体のみとそっくりな価格になっています。

デザインを見ていきましょう。幾何学的で無機質な天板のディスプレイを開くと、それとは対象的なフェルトのような柔らかそうなキーボード面が現れます。このキーボード面を覆う素材は、イタリアのAlcantara S.p.A.が製造するAlcantara(アルカンターラ)と呼ばれる素材で、自動車や航空機のインテリアやファッションなどで使われています。Surface Pro 4で選択可能なSurface Pro 4 Signature タイプ カバーで既に使われている素材ですが、Surface Laptopでは本体の一部として採用されSurface Laptop最大の個性となっています。柔らかそうに見え、手触りもソフトですが、実際のフェルトや厚い布のように押すとへこむようなわけではありません。また、汚れが心配になるところですが、水などを防ぐためのコーティングが施されています。

Surface Laptop「グラファイト ゴールド」
Surface Laptop「グラファイト ゴールド」
Surface Laptop「プラチナ」のキーボード
Surface Laptop「プラチナ」のキーボード

基本的な形状は、ディスプレイを閉じている場合、角を丸めた長方形の板が手前ほど薄くなったような形状をしています。ディスプレイ側は、厚みの変わらない角を丸めた長方形をしており、Surface Bookのディスプレイ側に似ています。天板を手で触った感触は、内部の熱伝導率の関係か、Surface Bookの方がプラスチックっぽく、Surface Laptopの方が金属っぽい印象があります。手前が薄くなっているのはキーボード側によるもので、さらにキーボード側は前後左右の4面とも下に行くほど急激に内側に向けて傾斜しており、手に取りやすくなっています。

色はSurfaceシリーズの基本色とも言える金属的なつや消しシルバーの「プラチナ」、落ち着いた赤の「バーガンディ」、落ち着いた青の「コバルト ブルー」、「プラチナ」との違いが非常にわかりにくい落ち着いた金色の「グラファイト ゴールド」(図「Surface Laptop「グラファイト ゴールド」」)となっており、これらの控えめな色合いもSurface Laptopのデザイン上の特徴となっています。また、色名に半角スペースが入っているところなどは、マイクロソフトの日本語らしさが出ています。かなりデザインに注力した製品のようで、ディスプレイの枠の黒以外はカラーバリエーションの色になっています。すなわち、筐体の金属、キーボードのキーのプラスチック、キーボード面のAlcantaraなど、異なる素材に対してカラーバリエーションごとにきちんと着色してあることになります。

Alcantaraを使用した優しい手触りのモバイルノートPCであるSurface Laptopをご紹介しました。Alcantaraによるキーボード面の感触と外観、どこでも使えそうな控えめで上品な色合いが、Surface Laptopを選択するデザイン上のポイントとなるでしょう。

Surface Laptop 用 保護 フィルム OverLay Plus for Surface Laptop / 液晶 保護 フィルム シート シール フィルター アンチグレア 非光沢 低反射

価格:2,592円
(2017/7/16 19:56時点)
感想(0件)

【送料無料】Microsoft(マイクロソフト) 【純正】Surface / Surface Book / Surface Studio / Surface Laptop対応 Surface Dial シルバー 2WR-00005 (2WR00005)

価格:11,653円
(2017/7/16 19:56時点)
感想(0件)