カラーDBに東京にある一部上場企業のロゴのカラーデータが揃う

関連記事:
意匠情報館カラーDBのご紹介
カラーDBの使用例 - MicrosoftとGoogleのロゴの色の比較
実は変化しているMicrosoft Office 2013と2016のテーマカラー
コンピュータで管理された色 - アニメーション「Re:ゼロから始める異世界生活」

意匠情報館カラーDBには、日本や海外の企業のロゴ、大学のロゴ、アニメキャラクターなどのカラーデータが収録されていますが、この度、東京の一部上場企業の殆どを揃えることができました。東京には「東京…」のような名称の企業も多数存在していますが、試しに「東京」で検索してみると、大学のデータも多数検索されますが、図「カラーDBを「東京」で検索した結果」のように多数の企業ロゴのカラーデータが表示されます。

カラーDBを「東京」で検索した結果
カラーDBを「東京」で検索した結果

カラーデザインの検討や分析などにご活用下さい。なお、こちらでは英語版で使用することもできます。

狭額デザインに進化した定番高級メカニカルキーボード- REALFORCE R2(東プレ)

【送料無料】 東プレ 有線キーボード[USB・Win]REALFORCE R2 かな無し(日本語 108キー・ブラック) R2-JP4-BK

価格:21,380円
(2017/12/20 00:45時点)
感想(0件)

東プレから高級メカニカルキーボードの定番であるREALFORCEの新世代製品REALFORCE R2が登場しました。今回は本格的な新製品で形状も新しくなっており、4シリーズ8機種が登場しました。

4シリーズの内訳は、標準モデル(図「REALFORCE R2標準モデル「アイボリー」」)、タイプ音が静かな静音モデル(図「REALFORCE R2静音モデル「ブラック」」)、キースイッチの反応位置を変更できるAPC(Acutuation Point Changer)モデル、タイプ音が静かでキースイッチの反応位置を変更できるAPC静音モデルとなっています。それぞれに、「アイボリー」と「ブラック」のカラーバリエーションがあります。単に色が違うだけでなく、後で説明しますが機種と色ごとにキー荷重やデザインの詳細が複雑に異なっています。

REALFORCE R2標準モデル「アイボリー」
REALFORCE R2標準モデル「アイボリー」
REALFORCE R2静音モデル「ブラック」
REALFORCE R2静音モデル「ブラック」

REALFORCEシリーズの最大の特徴は、独自の静電容量無接点方式による高品質な独特のタイプ感です。高級メカニカルキーボードには、茶軸とか青軸とか言われるスイッチの部品が使われている製品が有名ですが、REALFORCEシリーズは、それらとも異なる独特のタイプ感によりロングセラーとなっています。高級キーボードに関心のある方で、静電容量無接点方式のキーボードを触ったことのない方は、一度は触っておくと良いでしょう。REALFORCE R2シリーズにおいても高品質なタイプ感は健在で、旧REALFORCEと変わらない印象です。茶軸や青軸と呼ばれる部品が使われている製品やLogicoolのK840などよりぐらつきが少なく、スムーズに押し下げられる高品質なタイプ感です。もちろん、タイプが底に当たったときの堅さと安定性、重量による安定感も変わりません。

REALFORCE R2の各機種の特徴
機種 R2-JPV-IV R2-JP4-BK R2S-JPV-IV R2S-JP4-BK R2A-JPV-IV R2A-JP4-BK R2SA-JP3-IV R2SA-JP3-BK
モデル分類 標準モデル 標準モデル 静音モデル 静音モデル APCモデル APCモデル APC静音モデル APC静音モデル
「アイボリー」 「ブラック」 「アイボリー」 「ブラック」 「アイボリー」 「ブラック」 「アイボリー」 「ブラック」
キー荷重 30、45、55g混在 45g 30g、45g、55g混在 45g 30、45、55g混在 45g 30g 30g
右上のワンポイント 「ブラック」 「ブラック」 「ガンメタリック」 「ガンメタリック」 「シルバー」、APCキー 「シルバー」、APCキー 「クリアシルバー」、APCキー 「クリアシルバー」、APCキー
キーのかな表示 あり なし あり なし あり なし あり なし
キーの文字色 薄い茶色 薄い茶色

キーの特性はモデルごとに複雑で(表「REALFORCE R2の各機種の特徴」)、APC静音モデル以外の「アイボリー」は、ブラインドタッチ使われる定番の指に合わせて30g、45g、55gの3種類のキー荷重が配置されています。APC静音モデル以外の「ブラック」はどのキーも45gとなっています。APC静音モデルは色に関係なく、どのキーも30gと軽いキー荷重となっています。普通に使うなら3種類のキー荷重が適切に配置されているAPC静音モデル以外の「アイボリー」がタイプしやすいでしょうが、45gキー荷重で揃えているAPC静音モデル以外の「ブラック」でも十分に快適で、明らかに「アイボリー」より入力しにくいとまで感じる人は少なそうです。色の好みで選んでも問題はないでしょう。また、ホームポジション中心のブラインドタッチではなく、ゲームで使うような場合なら「ブラック」の方が良い場合もあるでしょう。APC静音モデルのキー荷重30gは、多くの方が軽さを感じることができるのではないでしょうか。REALFORCE R2のキー荷重の仕様は複雑なので表「REALFORCE R2の各機種の特徴」などを参考に、触ってから決めると良いでしょう。

静音モデルと標準モデルの違いですが、静音モデルの方が明らかに静かであり、静粛性が重要なら選ぶ価値があります。ただし、静音性だけを探求して作られた他の製品と比べると劣るのは確かです。やはり、高品質なタイプ感を優先した上での静音設計となっているようです。APCモデル、APC静音モデルは右上のAPCキーにより、キースイッチの反応位置を1.5mm、2.2mm、3mmの3段階に設定可能です。

デザインの方を見ていきましょう。基本的には実用性重視となっており、飛び抜けて特別なデザインが凝らされているわけではありません。形状は、もちろん薄い板にキーが並んだ形状をしています。全体的にはキーを除いた部分、すなわちフレーム部分は、旧製品より直線的です。旧製品は前面の角が曲線を描いていましたが、今回は直線で構成されています。また、キーボードの縁が狭額化され、多少省スペースとなっています。直線部分の増加と狭額があいまってかなりシャープな印象に変わっています。

色は「アイボリー」は事務機器では定番の真っ白ではない白となっていますが、明らかにベージュとかグレーというような色ではなく、白と言っても問題ないくらいです。「ブラック」は黒と言っても良いですが、細やかにコーディネートしたい方はダークグレーと理解したほうが良いでしょう。実際、APCモデル、APC静音モデルの「ブラック」のキーには黒い文字が書かれており、それが十分に読めることからもわかると思います。また、旧REALFORCEシリーズの「黒」よりもわずかに明るいだけでなく、それよりもさらに明るい類似の製品であるHappy Hacking Keyboardシリーズの「墨」よりもわずかに明るい色となっています。

右上のCaps Lockなどのインジケータや、APCモデルではAPCキーが並んでいる部分に、艶のある暗めの色のプラスチックによりデザイン上のワンポイントが追加されました。これにより、インジケータがそこにあることが強調され、インジケータのLEDも見やすくなっています。標準モデルは「ブラック」(図「REALFORCE R2標準モデル「アイボリー」の右上」)、静音モデルはザラザラした茶色がかったシルバーの「ガンメタリック」(図「REALFORCE R2静音モデル「アイボリー」の右上」)、APCモデルはAPCキーが配置されて「ガンメタリック」より明るい「シルバー」、APC静音モデルはAPCキーが配置されて「シルバー」より明るい「クリアシルバー」となっています。一目で旧REALFORCEシリーズと差別化できるのは良いのですが、標準モデルの「アイボリー」などは全体の白と右上の黒で少々うるさいデザインとなってしまいます。逆に標準モデルの「ブラック」が一番すっきりとした硬派なデザインとなります。右上のワンポイントは、機種や色をデザインから選ぶときの重要なポイントになるでしょう。このワンポイント内の上部にはREALFORCEロゴが描かれています。もちろん、ロゴ内のワンポイントである赤い「A」もいつも通りです。さらに、このインジケータのLEDは7色の切り替えが可能で、「Fn」+「Insert」キーで切り替えることができます。

REALFORCE R2標準モデル「アイボリー」の右上
REALFORCE R2標準モデル「アイボリー」の右上
REALFORCE R2静音モデル「アイボリー」の右上
REALFORCE R2静音モデル「アイボリー」の右上

キーの文字も機種ごとに違いがあります。キーのかな表示は「アイボリー」にはあり、「ブラック」にはありません。機能面ではかな表示はあったほうが良いでしょうが、使わない方にとってはない方がすっきりします。キーの文字の色は、「アイボリー」は黒、標準モデルと静音モデルの「ブラック」は薄い茶色、APCモデル、APC静音モデルの「ブラック」は黒となっています。ダークな静かなデザインが好みなら、APCモデル、APC静音モデルの「ブラック」の主張のないキーは魅力なのですが、右上のワンポイントが「シルバー」や「クリアシルバー」のような明るい色であったりと難しいところです。

久しぶりのモデルチェンジをした高級キーボードREALFORCER R2をご紹介しました。高品質なタイプ感は変わることなく、狭額でシャープなデザインやAPC搭載モデルの追加など魅力的な製品です。価格は2万円程度からと、千円のような安価な製品もあることを考えるとかなり高価格です。しかしながら、PC本体などと異なり5年とか10年単位で使用可能で、直接触れるキーボードは快適性がはっきりとわかるため、好みに合えば非常に良い買い物となります。やる気の起きない仕事のとき、このキーボードで入力したときのささやかな快感が背中を押してくれることもあるでしょう。注意点は機種選びです。キー荷重、デザイン、機能などが機種ごとに非常に複雑に入り組んでいます。

新製品 東プレ Realforce S R2S-JP4-BK 日本語配列/108キーボード/静音スイッチ採用 ブラック

価格:25,229円
(2017/12/20 00:45時点)
感想(0件)