カシスブルーはサンダーブルーより紫っぽい - Let’s note XZ(パナソニック)

>【目に優しいブルーライトカット グレータイプ】[N30-A4]液晶保護フィルムPanasonic Let’s note XZ6 CF-XZ6 用 ★

価格:2,680円
(2017/2/15 01:33時点)
感想(0件)

関連記事:Let’s note RZ6、Let’s note XZ6「ライジングレッド」に似た色のマウスLet’s note RZ6、Let’s note XZ6「サンダーブルー」に似た色のマウスLet’s note XZのカラーデザイン鋭いながら暖かみのある形状の超軽量脱着式PC - Let’s note XZ(パナソニック)

パナソニックから超軽量の脱着式タブレットPCであるLet’s note XZが登場しましたが、同時に新色「カシスブルー」も登場しました(図「Let’s note XZ「カシスブルー」」)。現時点では、「カシスブルー」の製品を見るのは難しいようですが、パナソニックセンター大阪によると、「サンダーブルー」より紫っぽく、Let’s note XZのパンフレットでも、「サンダーブルー」より「カシスブルー」が紫っぽいことがかろうじてわかるとのことでした。

Let's note XZ「カシスブルー」
Let’s note XZ「カシスブルー」

Let’s note XZのカラーデザイン

>Panasonic / パナソニック Let’s note XZ6 CF-XZ6HDAPR 【タブレットPC】【送料無料】

価格:230,640円
(2017/3/31 04:59時点)
感想(0件)

関連記事:
鋭いながら暖かみのある形状の超軽量脱着式PC - Let’s note XZ(パナソニック)
Let’s note XZのカラーデザイン
Let’s note RZ6、Let’s note XZ6「ライジングレッド」に似た色の周辺機器
Let’s note XZ「カシスブルー」に似た色の周辺機器

新登場したLet’s note XZのカラーデザインを見ていきましょう。基本的には、Let’s noteの伝統をほぼ完全に踏襲しています。こちらでデザインのシミュレーションができます。ベースとなるボディカラーはLet’s note定番の「ジェットブラック」(黒)と「シルバーダイヤモンド」(シルバー)の2色となっています。従来と変わることなく、「ジェットブラック」は全てが黒、「シルバーダイヤモンド」は基本はシルバーでキーボードなどのプラスチック部分がライトグレー、画面の縁が黒となっています。「ジェットブラック」だと本体全体を一色そろえられるのも従来通りです。どちらも、どこでも使える手堅い色合いです。

カラー天板とホイールパッドは、プレミアムカラー1色「ライジングレッド」(赤)(Let’s note XZ「ライジングレッド」)と、ベーシックカラー3色「ジェットブラック」(黒)、「シルバーダイヤモンド」(シルバー)、「カシスブルー」(紺)(Let’s note XZ「カシスブルー」)の4色となっています。「カシスブルー」だけはLet’s noteシリーズ全体でも新しい色となっており、RZシリーズなどの「サンダーブルー」より紫っぽい色となっています。「ライジングレッド」は従来通り朱色っぽい赤となっています。

Let's note XZ「ライジングレッド」
Let’s note XZ「ライジングレッド」
Let's note XZ「カシスブルー」
Let’s note XZ「カシスブルー」

脱着式という新たな機構が、従来のLet’s noteにはないデザインを作り出しています。ボディーカラーのキーボード側と、カラー天板の画面側の境界線が天板にあるため、閉じている状態で真上から見ると、ボディカラーとカラー天板のツートンカラーになります(図「閉じたLet’s note XZ6の上面」)。これは、従来のLet’s noteとは印象が異なります。さらに、カラー天板の色は画面側の側面を完全におおっています。従来は、画面側の側面の凹んでいる半分程度しか覆えてなかったのが側面全体であるため、使用時にも天板の色が見えやすいはずです。カラー天板の意義が大きくなったと言えるでしょう。さらに、従来と違って、黒く見えるカメラが中央上部に付いているため、さらに色数が増えています。また、「Panasonic」の文字は、「シルバーダイヤモンド」だけが黒、それ以外は白っぽい色となっています。

閉じたLet's note XZ6の上面
閉じたLet’s note XZ6の上面

Let’s noteのホイールパッドどは、通常のノートPCのトラックパッドに相当しますが、円形をしています。一つ前に登場したSZシリーズ同様、カラーバリエーションが存在し、タッチセンサーの周りにあるクリックボタンを含むリング部分がカラーバリエーションの対象です。「ジェットブラック」は同名のボディカラーより少し明るいダークグレー、「シルバーダイヤモンド」は同名のボディカラーより暗いグレー、「ライジングレッド」は赤となっており、「カシスブルー」は紺となっています。また、タッチセンサーとリング部分の境界には、ダイヤモンドカットをしたような金属光沢が持たせてあります。組み合わせを豊富にしてくれるのは嬉しいところですが、黒一色ににこだわりたい場合には残念かも知れません。

組み合わせは、本体が「ジェットブラック」の場合、他の場所は「シルバーダイヤモンド」が選べず、逆に、本体が「ジェットブラック」の場合、他の場所は「シルバーダイヤモンド」が選べません。そのため、ボディカラーが「シルバーダイヤモンド」時に、カラー天板3色×ボディカラー3色 = 9通り、ボディカラーが「ジェットブラック」のときも同様に9通りで、合計18通りのカラーバリエーションから選べます。100通りを越えたRZ6シリーズなどと比べるとかなり絞られてはいますが、他の一般的な製品と比べれば圧倒的と言えるでしょう。

細部を見ていくと、RZが5から6になるときに採用された黒いプラスチック部分のVGAインタフェースが採用されています(図「閉じたLet’s note XZ6の右側面」)。USBに関しては、今回も3.0を示す青いプラスチックが使われています。インタフェースのプラスチック部分までこだわるなら、VAIO Zのように今時3.0じゃないUSBなどないだろうという割り切りで、USB3.0の青いプラスチックを廃しても良いように思いますが、基本に忠実な感のあるLet’s noteではそうはいかないのでしょう。

閉じたLet's note XZ6の右側面
閉じたLet’s note XZ6の右側面

XZのカラーデザインを細かく見ていきました。使用されている色自体はほぼ従来通りですが、脱着機構や背面カメラ、側面まで回り込んだカラー天板など、これまでのLet’s noteの印象を変える要素の多い新モデルと言えるでしょう。

>【防指紋】[N30-A4]光沢バブルレス液晶保護フィルムPanasonic Let’s note XZ6 CF-XZ6用 ★

価格:1,780円
(2017/3/31 04:59時点)
感想(0件)