メタリックピンクが特徴的なモバイルノートPC - LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)(NECパーソナルコンピュータ)

NM150/KA / NM350/KA / NM550/KA 用 保護 フィルム OverLay Eye Protector for LAVIE Note Mobile NM150/KA / NM350/KA / NM550/KA 【送料無料】【ポストイン指定商品】 液晶 保護 フィルム シート シール フィルター 目にやさしい ブルーライト カット

価格:2,592円
(2018/5/1 00:20時点)
感想(0件)

関連記事:
個性的なターコイズ系ブルーのコンパクトモバイルノートPC - LAVIE Note Mobile(NMx50/GAシリーズ)、LAVIE Direct NM(GN1xxx/xAシリーズ)(NECパーソナルコンピュータ)

NECパーソナルコンピュータ株式会社から個性的なメタリックピンクが選べるモバイルノートPCであるLAVIE Note Mobile(2018年春モデル)が登場しました。細かくは、店頭モデルであるLAVIE Note MobileのNMx50/KAシリーズと、その直販モデルであるLAVIE Direct NMのGN1xxx/xDシリーズとなります。ターコイズカラーが特徴的だったLAVIE Note Mobileシリーズの後継です。製品のジャンルとしては(中型)モバイルノートPCとなりますが、このカテゴリの基本的な特徴はこちらをご覧下さい。

仕様を大まかに見ていきましょう。ディスプレイは12.5型、重量は約925gと非常に実用的なサイズと重量です。ただし、最近の日本製モバイルノートPCとしては、そこまで軽くはありません。例えば、同じNECのLAVIE Hybrid ZERO(HZx50/GAシリーズ)なら、13.3型ディスプレイ搭載で769gや831gとなっています。性能面ですが、CPUは店頭モデルの最高がCore i5-7Y54、最低がCeleron 3965Y、直販モデルの最高がCore i7-7Y75、最低がCeleron 3965Yとなっています。メモリは8または4Gバイトとなっています。バッテリー駆動時間は約11時間と十分な時間となっています。近年はPCの性能が飽和しており、どのモデルでもネット閲覧、ワープロのような基本的な用途や、基本的な写真編集や画像作成のような用途でも十分にこなせるでしょう。ただし、本格的な3Dゲームや3D映像作成などには不向きです。

それでは、デザインを見ていきましょう。本製品の基本的なデザインは前モデルよりも優しい印象を狙っているようで、最もシンボリックなカラーバリエーションは穏やかな印象を与える「メタリックピンク」としており、形状も角が丸められた直方体となっています(図「LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「メタリックピンク」」)。

LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「メタリックピンク」

カラーバリエーションは、「メタリックピンク」、「パールホワイト」、「パールブラック」(黒)の3色で、どれもつや消しとなっています。「メタリックピンク」は金属的な質感の非常に穏やかなピンク色です(図「LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「メタリックピンク」の表面」)。最近の情報機器におけるメタリックなピンクの流行に乗ったカラーです。他のカラーバリエーションと違ってキラキラした粒子はないようです。キーボードは黒となっています。「パールホワイト」の天板は多少パール感がありキラキラした粒子が見えますが、本格的なパールの質感ではありません(図「LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「パールホワイト」の表面」)。キーボードも白で全体が統一されて、すっきりしています。「パールブラック」も同様で天板に多少パール感があり、キラキラした粒子が見えます(図「LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「パールブラック」の表面」)。キーボードも黒で全体が統一されて、すっきりしています。どのカラーバリエーションも質感には多少の配慮があるのですが、明らかにプラスチックの質感で高品位な感じではありません。

LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「メタリックピンク」の表面
LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「メタリックピンク」の表面
LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「パールホワイト」の表面
LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「パールホワイト」の表面
LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「パールブラック」の表面
LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)「パールブラック」の表面

形状は、基本的には直方体で前モデルを踏襲していますが、閉じているときに真上から見える角、すなわち天板の角も大きく丸められており、前モデルより柔らかな印象を受けます。前モデルはディスプレイが11.6型と2018年春モデルの12.5型より小さく、筐体も小さいため、体積を確保するためか、天板の角が小さく丸められており鋭い印象でした。また、前モデルは、キーボードエリアが本体の幅に迫っており、せせこましい緊張感のある印象だったのが、2018年春モデルでは、キーボードエリアと本体の幅が十分にあり、ゆとりのある印象になっています。ただし、前モデルと変わらずのディスプレイ側は狭額デザインなので、ディスプレイ側は相変わらず緊張感のある印象となっています。

カラーバリエーションのうち「メタリックピンク」は、いくらか個性的で、周辺機器のデザインは揃えたいことでしょう。ここでは、マウスであるバッファローBSMBW328BPをご紹介します。「メタリックピンク」は、ベージュやゴールドに近い控えめなピンクの本体と黒いキーボードで構成されていますが、BSMBW328BPは色合いも色の組み合わせもぴったり揃っています。類似色のピンクのマウスはありますが、きちんと黒まで揃っているマウスはあまり多くありません。

今回は、NECのLAVIE Note Mobile(2018年春モデル)をご紹介しました。前モデルを踏襲したデザインではありますが、形状は多少優しい印象となり、シンボル的なカラーバリエーション「メタリックピンク」も穏やかで、シリーズ内では個性的な印象です。ただし、最近はメタリックなピンクのノートPCが流行しているので、1kgを切る持ち運びやすさを必要としているかどうかが、LAVIE Note Mobile(2018年春モデル)を選ぶかどうかのポイントとなるでしょう。

バッファロー 無線 BlueLED Dpi切替対応 マウス[USB・Win] BSMBW328シリーズ(5ボタン・ベージュピンク) BSMBW328BP

価格:2,451円
(2018/5/1 00:00時点)
感想(0件)

PC-NM150KAG NEC 12.5型ノートパソコン LAVIE Note Mobile NM150/KAシリーズ メタリックピンク LAVIE 2018年 春モデル(Celeron/メモリ4GB/SSD128GB/Office H&B) [PCNM150KAG]【返品種別A】

価格:99,140円
(2018/5/1 00:21時点)
感想(1件)

フラットデザインの11型VAIOのピンクモデル - VAIO S11(2018年春モデル)(VAIO)

VAIO VAIO S11 11.6型ノートパソコン Core i3 メモリ4GB SSD128GB Office付き Windows10 ピンク VJS11290811P

価格:162,853円
(2018/3/19 21:50時点)
感想(0件)

関連記事:
ブラウンが増えたフラットデザインの11型VAIO - VAIO S11(2017年9月モデル)(VAIO)
VAIO S11のピンクモデルの色 - VAIO S11(2016年11月モデル)(VAIO)

VAIOからVAIO S11(2017年9月モデル)が登場していましたが、CPUをKaby Lake Refreshに更新した2018年春モデルが登場し、新色「ピンク」が登場しました。製品カテゴリとしては軽量モバイルノートPCとなりますが、このカテゴリの基本的な特徴はこちらをご覧下さい。

VAIO S11(2018年春モデル)「ピンク」
VAIO S11(2018年春モデル)「ピンク」

基本的な仕様を見ていきます。ディスプレイは11.6型とコンパクトで、解像度はフルHDの1920×1080ドット、タッチには非対応です。標準モデルの性能面ですがCPUはCore i5-7200U(2.5GHz)やCore i3-7200U(2.4GHz)、メモリは4GBと小さめですです。バッテリ駆動時間は15、16時間と十分な長さ、重量は850gから860gとかなり軽量です。価格は16万円以上と、VAIOらしく高価格です。カスタマイズモデルだと選択肢は格段に広がり、例えば、CPUはCore i7やCeleron、メモリは8GBや16GBなどから選べますが、価格も最高で40万円程度になります。また、今回はALL BLACK EDITIONと呼ばれるシリーズがカスタマイズと標準モデルに登場しており、真っ黒いデザインと、Core i7-8550Uが採用されるなど今回のVAIO S11シリーズ最高レベルの性能を特徴としています。価格も通常のカスタマイズモデルの最高価格よりALL BLACK EDITIONのカスタマイズモデルの最高価格の方が若干高価です。なお、標準モデルの「ピンク」はCPUがCore i3しか選択できないところが注意ポイントです。カスタマイズモデルであれば「ピンク」でも高性能な構成が選べます。

デザインは基本的に、VAIO S11(2017年9月モデル)を踏襲しています。最近のVAIOシリーズにおいてピンクは定番カラーであり、現行のVAIO S152016年のVAIO S11でもピンクのモデルがあるのですが、これらのピンクは色も質感も同じものとなっています。今回のモデルの「ピンク」も、天板はこれまでのVAIOのピンクと共通なのですが、キーボード面のメタリックピンクが新しく登場したことになります。色としては、Macbookのローズゴールドのような、一目でわからないようなピンクではなく、他の色と見間違えのない明るいピンクが使われています。キーボード面の質感はVAIO S11(2017年9月モデル)と同様で、金属製で横方向のヘアラインが入っています。PC業界のデザインという視点で見ると、Macbookのローズゴールドあたりから始まる近年のノートPCのメタリックピンクがVAIOにも本格的にやって来たということになります。

今回は、VAIO S11(2018年春モデル)「ピンク」のご紹介しました。モデル選択が多少複雑ではありますが、デザイン性の高いピンクのモバイルノートパソコンを探しているならかなり有力な選択肢となるでしょう。

VAIO S11 VJS112 / VAIO Pro PF VJPF11 シリーズ (2017) 用 液晶 保護 フィルム 反射低減 アンチグレア 非光沢 マット シート シール フィルター [fiel.D 正規品] 日本製

価格:1,399円
(2018/3/19 21:51時点)
感想(0件)