ブラウンが増えたフラットデザインの11型VAIO - VAIO S11(2017年9月モデル)(VAIO)

関連記事:
フラットデザインの11型VAIOのピンクモデル - VAIO S11(2018年春モデル)(VAIO)
VAIO S11のピンクモデルの色 - VAIO S11(2016年11月モデル)(VAIO)

VAIOからVAIO S11(2017年9月モデル)が登場しました。製品カテゴリとしては軽量モバイルノートPCとなりますがこのカテゴリの基本的な特徴はこちらをご覧下さい。

基本的な仕様を見ていきますが、詳細なレビューはこちらをご覧ください。店頭モデルの場合は、ディスプレイは、11.6型とコンパクトで、解像度はフルHDの1920×1080ドット、タッチには非対応です。性能面ですが、CPUはCore i5-7200U(2.5GHz)やCore i3-7100U(2.4GHz)、メモリは4GBと小さめですです。バッテリ駆動時間は15、16時間と十分な長さです。重量は840g、860gとかなり軽量です。価格は、15から18万円と、VAIOらしく高価格です。カスタマイズモデルだと選択肢は格段に広がり、例えば、CPUはCore i7やCeleron、メモリは8GBや16GBなどから選べますが、価格も最大40万円程度になります。

デザインの詳細を見ていきましょう。ディスプレイを閉じているときの基本的な形状は、手前に向かって薄くなる板状です。上から見るともちろん長方形ですが、角が丸かった従来機種と比べると角が角ばっており、従来のVAIO S11と比べるとかなりシャープな印象です。天板は、縁に近いところに線の入ったフラットな形状で、クロムメッキ風のVAIOのロゴマークが中央に入るVAIO定番のデザインです。

ディスプレイを開いたときのデザインはいくらか特徴的です。近年のノートPCのキーボードの多くは、少しくぼませたキーボードエリアに、隙間を開けてキーを並べていますが、新しいVAIO S11は、キーボードエリアをくぼませず、キーボード面をフラットにしてあります(図:VAIO S11「ブラウン」)。もちろん、他社製品にも、過去のVAIOシリーズにも採用されたことのあるデザインですが、現行のノートPCでは、特徴的といっても良いでしょう。このフラットなキーボード面は、金属製ということもあり、かなりシャープな印象を与えます。逆にディスプレイ側は、ディスプレイ面に対して枠が出っ張っており、キーボード面から出っ張っているキーを収容しています。ディスプレイ側の形状が複雑になり、すっきりしていませんが、使用時にディスプレイの枠に意識を向けることはあまりないので、それほど悪影響はないでしょう。

VAIO S11「ブラウン」
VAIO S11「ブラウン」

カラーバリエーションは定番の「ブラック」(黒)、「シルバー」(シルバー)、「ホワイト」(白)と、今回の注目色の「ブラウン」(茶色)の4種類となっています。「ブラック」は閉じた状態の奥側にある細長い金属部分や天板のVAIOロゴ以外はほぼ黒一色です。今回のVAIO S11は、裏側とディスプレイの枠が、どのカラーバリエーションも黒いプラスチックであるため、全体をほぼ一色にできる唯一のカラーバリエーションです。「シルバー」は、天板とキーボード面、トラックパッドがシルバーで、他は「ブラック」とほぼ同じです。シルバーのキーボード面に黒いキーという、Macbookでお馴染みの定番のデザインです(図:VAIO S11「シルバー」のキーボード)。「ホワイト」は少し複雑で、天板は白、キーボード面はシルバー、キーとトラックパッドは白となっています(図:VAIO S11「ホワイト」のキーボード)。トラックパッドとキーボード面の色が異なる唯一のカラーバリエーションとなっています。天板の白は、ベージュっぽさのない純白で、つや消しが徹底されており、なかなか個性的です。キーは白く、汚れが目立ちそうなので、キーボードカバーを使用したほうが良いかもしれません。「ブラウン」は、前のモデルにはなく、今回のVAIO S11で登場したシンボル的なカラーバリエーションで、天板とキーボード面、トラックパッドは茶色、キーは黒となっています。この茶色は、ゴールドやピンクからは離れたいかにも茶色という感じで、飛び抜けて明るいとか暗いということのない上品な色合いです。どのカラーバリエーションも、天板はマットで、画面の枠は黒、キーボード面は横向きのヘアラインが入っています。

VAIO S11「シルバー」のキーボード
VAIO S11「シルバー」のキーボード
VAIO S11「ホワイト」のキーボード
VAIO S11「ホワイト」のキーボード

今回は、よりシャープなデザインに進化したVAIO S11(2017年9月モデル)を紹介しました。VGAコネクタや有線LANコネクタ装備、800g半ばの重量など非常に実用的であり、VAIOらしいシャープな形状や、「ブラウン」、「ホワイト」などの個性的なカラーバリエーションなど、デザイン面においても優れたものとなっています。実用性の高い、特に茶色または白のデザイン性の高い軽量モバイルノートPCを探すなら最有力な製品となるでしょう。

角を丸めた行灯型デザインの製品群 - SRS-ZR7、h.ear go(SRS-HG1)などのスピーカー(ソニー)、PIXUS TS8030、PIXUS TS6030などのプリンタ(キャノン)

>SRS-HG1 B【税込】 ソニー WiFi/Bluetooth対応ハイレゾアクティブスピーカー(チャコールブラック) SONY h.ear go SRS-HG1 [SRSHG1B]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:23,150円
(2017/3/24 21:36時点)
感想(2件)

>SRS-X11-R【税込】 ソニー Bluetooth対応ワイヤレスポータブルスピーカー(レッド) SONY [SRSX11R]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:8,380円
(2017/3/24 21:38時点)
感想(3件)

四角い行灯の木の枠を丸めたようなデザイン、すなわち、直方体や立方体の辺を強調した上で角や辺の丸みを持たせたデザインが、複数のメーカー、複数ジャンルの製品に登場しています。

現在最も有名なこのタイプのデザインは、ソニーのスピーカーではないでしょうか。現在のソニーのスピーカーの定番デザインの一つと言えるくらいで、SRS-ZR7h.ear go(SRS-HG1)SRS-X99SRS-X11(下の写真)など多数登場しています。ソニーのこのタイプのデザインは、多少歴史があり、2013年に登場したスマートフォンのXperia Z(SO-02E)、こちらも2013年に登場したタブレットPCのVAIO Tap 11などに採用されています。また、ソニーで行灯型の製品といえば、画質とデザインにおいて革新をもたらしたブラウン管カラーモニターであるプロフィール・プロに行き着くのかもしれません。

SRS-X11(SONY)
SRS-X11(SONY)

このようなデザインはキャノンのプリンタPIXUS TS8030PIXUS TS6030PIXUS TS5030にも登場しています。ソニーの製品と比べると大型ですが、直方体を基本として、辺を強調する線や塗り分けがあり、角や辺を強く丸めるという基本は変わりません。時期から考えると、ソニーのデザインを意識した製品なのかもしれません。それなりにデザインに力を入れた製品で、PIXUS TS8030(下の写真)に関しては、カラーバリエーションも「ブラック」、「ホワイト」、「レッド」、「ブラウン」と4色も用意されています。

PIXUS TS8030(キャノン)の角の部分
PIXUS TS8030(キャノン)の角の部分

複数のメーカー、複数の製品ジャンルに渡って展開されている角を丸めた行灯型デザインの製品群をご紹介しました。デザインを色だけでなく形状まで揃えたい場合などに有効ではないでしょうか。

>PIXUSTS8030BK【税込】 キヤノン A4プリント対応 インクジェット複合機(ブラック) Canon [PIXUSTS8030BK]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:20,230円
(2017/3/24 21:38時点)
感想(8件)

>PIXUSTS5030WH【税込】 キヤノン A4プリント対応 インクジェット複合機(ホワイト) Canon [PIXUSTS5030WH]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:12,600円
(2017/3/24 21:39時点)
感想(0件)