風紋デザインを取り入れたポータブルハードディスク - HDPH-UTシリーズ(I-O DATA)

アイオーデータ機器 外付けポータブルハードディスク(HDD) HDPH-UT1NV(ミレニアム群青) [USB3.0・1TB] カクうす Lite (HDPHUT1NV)

価格:7,021円
(2018/9/21 00:19時点)

IODATA HDPH-UT500W(ホワイト) カクうす Lite ポータブルHDD 500GB USB3.0接続

価格:6,881円
(2018/5/21 00:36時点)
感想(0件)

近年、風紋を思わせる凹凸のあるデザインが、商業施設や公共施設のインテリアとして広がりつつあるようです。実際には、図「東京の駅の風紋デザイン」のようなものですが、波型の凹凸がライトアップによって強調される場合が多いようです。本物の風紋は規則的な形状と不規則な形状が組み合わさっていますが(図「鳥取砂丘の風紋」)、風紋デザインのインテリアは、やはり工業製品なので、完全に周期的な波型の凹凸となっています。この風紋デザインがモバイルハードディスクにもやって来ています。製品分野やサイズが全く異なるにもかかわらず、デザインの流行が波及していく興味深い例ではないでしょうか。

東京の駅の風紋デザイン
東京の駅の風紋デザイン
鳥取砂丘の風紋
鳥取砂丘の風紋

アイ・オー・データ機器のHDPH-UTシリーズは、モバイルハードディスクでは一般的な板状の直方体をしていますが、側面が風紋デザインとなっています(図「HDPH-UT「ブラック」」、図「HDPH-UT「ミレニアム群青」」、図「HDPH-UT「ホワイト」」)。風紋デザインは側面のみである上に、インテリアと異なりライトアップされるわけではないので、あまり目立ちませんが、退屈になりがちなモバイルハードディスクの形状にうまく変化を付けています。使われている面積も少なく、緩やかな曲線なので、悪目立ちせず上品で柔らかな印象です。さらに細かいスケールで見ると、全面がザラザラの見えるつや消しとなっており、まさに砂浜の風紋となっています。

HDPH-UT「ブラック」
HDPH-UT「ブラック」
HDPH-UT「ミレニアム群青」
HDPH-UT「ミレニアム群青」
HDPH-UT「ホワイト」
HDPH-UT「ホワイト」

形状を細かく見ると、側面までふたが覆うタイプの箱型、例えるなら弁当箱型といった形状です。ふたの部分に、風紋デザインやカラーバリエーションが施されていますが、斜め上からでもふたで覆えない部分が少し見えています。また、記憶容量により厚さが異なり、500GBと1TBの製品で15mm(図「HDPH-UT「ブラック」」、図「HDPH-UT「ホワイト」」)、2TB以上の製品で20mm(HDPH-UT「ミレニアム群青」)となっています。

カラーバリエーションは、「ブラック」(黒)、「ホワイト」(白)に加えて、IOデータのテーマカラーとも言える「ミレニアム群青」の3色と、シックな色合いのみとなっています。「ブラック」も「ホワイト」も名前の通りの色合いとなっています。また、どのカラーバリエーションにも500GB、1TB、2TBの製品があるのですが、3TB、4TBの製品は「ブラック」のみとなっています。

細かくカラーデザインを見た場合に注意点となるのは、底面はどのカラーバリエーションも黒となっていることです。ふたで覆えない部分があるため、「ブラック」以外が消極的なツートンカラーとなっています。「ブラック」では単色となります。「ミレニアム群青」では紺と黒の違いが目立たないため、斜め上から見てもほとんど気になりませんが、裏返した場合はもちろん黒が見えます。「ホワイト」では斜め上から見ても黒が目立ってしまいます(図「HDPH-UT「ホワイト」」)。このあたりはメーカーも気にしているのか、商品写真に裏側がありません。(なお、商品写真のページには高解像度の商品写真があるのですが、「高解像度(500GB/1TB)」という表現は誤解を招きそうです。)

側面の風紋デザインが個性的なモバイルハードディスクHDPH-UTシリーズをご紹介しました。奇抜なデザインは避けつつも、個性的で繊細なデザインを求める方には良い製品となるでしょう。また、現在「ミレニアム群青」のポータブルハードディスクにおいて唯一のシリーズとなっており、「ミレニアム群青」でモバイルハードディスクを求める場合には、重要な製品となっています。

IODATA HDPH-UT500K(ブラック) カクうす Lite ポータブルHDD 500GB USB3.0接続

価格:6,971円
(2018/5/21 00:37時点)
感想(0件)

【送料無料】 IOデータ ポータブルハードディスク [USB 3.0・3TB・Win/Mac] HDPH-UTシリーズ「カクうす 波(なみ)」(ブラック) HDPH-UT3DK[HDPHUT3DK]

価格:19,980円
(2018/5/21 00:37時点)
感想(0件)

デザインと実用性を備えた外付けHDD - HDEL-UTBシリーズ(アイ・オー・データ機器)

HDEL-UT4NVB【税込】 I/Oデータ USB3.0対応 外付けハードディスク 4.0TB(ミレニアム群青) HDEL-UTBシリーズ [HDELUT4NVB]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:16,980円
(2017/2/3 19:06時点)
感想(0件)

HDEL-UTBシリーズ(I-O DATA)は、デザインと実用性に配慮された外付け据え置きのHDDです。容量は2TB、3TB、4TBの3種類、接続はUSB3.0/ 2.0、対応機種はWindows、Mac、テレビとなっていますが、詳細はこちらをご覧下さい。
これからご紹介するデザインにもこだわりがあるようで、製品のWebサイトでも詳細な解説があります。

デザインを見ていきましょう。色は、「ミレニアム群青」(紺)、「Chocolat」(茶色)、「Sunset Orange」(オレンジ)、「Moon White」(白)の4色となっています。「ミレニアム群青」は、最近のI-O DATAのこだわりの色で、無線LANルーターや他のHDD製品にも展開されています。他の3色は取り立てて特徴がある色ではありません。ただし、据え置きHDDは、モバイルHDDと比べるとカラーバリエーションが少ないため、一般的に定番の色の白である「Moon White」以外は、存在感があります。「Moon White」は十分に白いですが、純白と言うほどの白さではありません

形状もかなり丁寧にデザインされています。基本な形状は、正方形に近い長方形の角を一つ落とした五角形に厚みを持たせて作った五角柱となっています。この欠けのあるデザインは、「カクぴた®」デザインと呼ばれ、縦置きの場合に奥の下側が欠ける形になっています。HDDから出てきたケーブルを欠けた部分に通すことで、HDD本体を背面の壁にぴったりくっつけることができます。また、HDD本体をぴったりくっつけると、背面に設置された動作状況を示すLEDが見えなくなるようになっています。LEDの光が見えるようにしたいなら、奥の壁から少し離せば、LEDの光が反射して見えるようになります。配線とLEDを同時に考慮した実用性のあるデザインです。

表面にもこだわっており、縦置き時の左側面は細かい線が多数入ったヘアライン、それ以外はザラザラした梨地となっています。また、辺の部分も角をカットしてつややかな面を作り、シャープな印象を強めています。縦置きのためのゴム足が付いていますが、横置き時に目立たないように透明なものが取り付けられています。

全体に曲線的な部分はほとんどなくシャープな印象ですが、辺をダイヤモンドカットっぽくしたり、表面を加工するなど、いくらか装飾的でもあります。また、外ケースの継ぎ目は縦置き時の左側の辺にあり、そこが若干ややこしい形状になっています。この辺りは、メーカーもあまり気に入っていないようで、製品写真には左側面がよく見える写真がありません。

細部を突き詰めて見ると荒さもありますが、個性的なデザインと実用的な工夫詰め込まれた製品と言えるでしょう。紺や茶色、オレンジと言った個性的なカラー、直線的なデザインが欲しいという方には絶好の選択肢になりそうです。

HDEL-UT2ORB【税込】 I/Oデータ USB3.0対応 外付けハードディスク 2.0TB(Sunset Orange) HDEL-UTBシリーズ [HDELUT2ORB]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

価格:9,980円
(2017/2/3 19:08時点)
感想(0件)