Microsoft Office 2016と2013のタイトルバーの背景設定

できるExcel 2016 Windows 10/8.1/7対応 [ 小舘由典 ]

価格:1,231円
(2017/8/17 21:42時点)
感想(4件)

できるWord 2016 Windows 10/8.1/7対応 [ 田中亘 ]

価格:1,231円
(2017/8/17 21:44時点)
感想(0件)

関連記事:
Microsoft Office 2016のテーマによる色デザインのカスタマイズ
Microsoft Office 2013のテーマによる色デザインのカスタマイズ
実は変化しているMicrosoft Office 2013と2016のテーマカラー

マイクロソフトのOffice 2016とOffice 2013では、MicrosoftアカウントでOfficeにログイン時に、ウィンドウの右上、すなわちタイトルバーの右部分に、濃淡画像の背景を設定することができます。ただし、自由に画像を設定できるのではなく、「背景なし」を含む15種類から選ぶことしかできません。設定方法は、[ファイル]タブ→[オプション]→「Word のオプション」ダイアログが表示-「Office の背景(B)」で変更できます。手早く好きな背景を選びたいところですが、プレビュー機能がなく一つ見るだけでも設定操作を完了してから見る必要があるため、選ぶのはかなりの手間です。そこで、15種類の背景「背景なし」、「カリグラフィ」、「ランチボックス」、「雲」、「円と縞模様」、「回路」、「学用品」、「幾何学模様」、「手書きのダイヤモンド」、「手書きの円」、「春」、「水中」、「星」、「年輪」、「麦わら」を図「Microsoft Office 2016/ 2013の背景一覧」にまとめました。背景が見えやすいように、Word 2016において「Office のテーマ」を「白」にしています。

背景は非常にうっすらとしか表示されず、取り立ててイメージを変えるほどではありません。デザインもあまりくどくなく、邪魔にならないように配慮されてるのは良いのですが、表示が薄い上に、表示エリアも狭く、絵柄もあまりわかりやすいものではないため、何が描かれているのかが非常にわかりにくくなっています。取り立てて美しいとか、かっこいいとか、かわいいとか言うわけでもない、何とも言えないデザインです。例えば、「年輪」は木の断面がほのかに見えるのですが、年輪ははっきりとは見えず、むしろ「手書きの円」の方がそれらしかったり、「星」といってもかなり丸みを帯びた星形でわかりにくかったり、という状況です。プロフェッショナル的には、極めてすばらしいデザインなのかも知れませんが、一般のユーザに理解しやすいものではなさそうです。Officeにログインしていないと表示できないので、ログイン状態の確認用という実用的な意味合いが強いでしょう。

Microsoft Office 2016/ 2013の背景一覧

できるPowerPoint 2016 Windows 10/8.1/7対応 [ 井上香緒里 ]

価格:1,231円
(2017/8/17 21:45時点)
感想(2件)

できるAccess 2016 Windows 10/8.1/7対応 [ 広野忠敏 ]

価格:2,030円
(2017/8/17 21:45時点)
感想(1件)

Microsoft Office 2016のテーマによる色デザインのカスタマイズ

関連記事:
Microsoft Office 2016と2013のタイトルバーの背景設定
実は変化しているMicrosoft Office 2013と2016のテーマカラー
Microsoft Office 2013のテーマによる色デザインのカスタマイズ

Microsoft Office 2016は、Windowsほどの自由度はありませんが、ユーザインタフェース(UI)デザインを変更することができます。配色は3種類のみから選べます。配色の変更は、各ソフトで[ファイル]タブ→[オプション]→Wordなら「Word のオプション」ダイアログの表示-「Office テーマ(T)」で行います。「Offie テーマ」という文字通り、設定操作を行ったソフトのデザインだけでなく、Office全体のデザインがまとめて設定されます。配色は、基本的に「カラフル」、「濃い灰色」、「白」の3種類から選べます。Excel 2016の3種類のテーマは以下のようになっています。

ただし、データベースのAccessには「濃い灰色」がありません。Access 2013では、3種類のテーマがありながら、どのテーマもほとんど同じという特殊な状況でした。Accessは内部構造的にUIデザインを変えるのが困難なのかもしれません。Access 2016のの2種類のテーマを以下のようになっています。

「カラフル」は、文字通りカラフルな色を広く使用した配色で、Wordは青、Excelは緑と言ったソフトのテーマカラーをタイトルバーやリボンタブ、ウィンドウの縁などに、ライトグレーをそれ以外に広く配置しています。各ソフトによって大きく表情が変わり、楽しさやわかりやすさにおいてはベストでしょう。ただ、歴代のMicrosoft Officeの中でもテーマカラーを特に広く配したデザインとなっており、多少くどさを感じるかもしれません。

「濃い灰色」は、ダークグレーをタイトルバーやリボンタブ、ステータスバーなどに、グレーをそれ以外に広く配置しています。全ての部分において、「カラフル」より暗くなっており、明るさがきつくないデザインです。ただし、編集するデータ部分は基本的に白い場合が多いので、ウィンドウ全体では、操作部分とデータ部分の明るさの差で見にくさを感じるかもしれません。ソフトのテーマカラーは、マウスカーソルが乗っているリボンタブや、[ファイル]タブの中の選ばれているメニューなどにしか登場せず、ソフトの見分けやすさは他のデザインに一歩譲ります。

「白」は前バージョンであるOffice 2013のデフォルトデザイン「白」を踏襲しています。白を全体に、ソフトのテーマカラーを[ファイル]タブやステータスバー、ウィンドウの縁、選ばれているタブの文字などの限られた場所に配置しています。前バージョンのデフォルトだけあって、色数も少なく全体にすっきりしており、テーマカラーもきちんと使いながらも控えめで、「カラフル」よりはくどさを感じにくそうです。実際、Windows 10のエクスプローラやペイントを見ればわかるように、Windows 10のデスクトップ用アプリの標準デザインにそっくりで、Microsoft内でもそれなりの評価を得られているのかもしれません。ただし、全体に真っ白な部分が多く、まぶしさを感じやすいでしょう。

配色は3種類しかないためか、どれもそこそこ洗練されており、どれを選んでも使いやすいでしょう。ただし、Office 2013からの改善は、あまり感じられないかもしれません。最後に、Word、PowerPoint、OneNoteそれぞれの3種類のテーマを以下に掲載します。

できるAccess 2016 Windows 10/8.1/7対応 [ 広野忠敏 ]

価格:2,030円
(2017/8/17 21:45時点)
感想(1件)